日隈公園の桜とくーちゃんの定期健診

更新するタイミングを逃すとまた時季外れな記事になるので大急ぎアップ。

くーちゃんを置いて豆大福と花見に行った27日火曜日から遅れること3日。

30日の金曜日に、くーちゃんの心臓の検診に行ってきました。


メインはくーちゃんの検診でしたが、前回のことが気になって仕方なかったくーままはダメもとで「くーちゃんのお花見がまだなんですけど、どこか寄ってもらえるかな~?」ってくーぱぱに聞いてみたところ思いがけず・・・、

「どこに寄ったらいいの?」と、上から目線で言われたけど大喜び。


では!ということで、

帰り道にある「日隈公園」の桜がきれいだったので、そこで!!


こちらの公園『犬の散歩禁止』という看板が立ってますが、散歩させなければいいでしょう、との屁理屈をこねて、抱っこでお花見決行。

いきなりメインのくーちゃんがボケてて、すいません。

この後きれいな桜の写真とかわいいくーちゃんの写真が、怒涛のように続きますのでお覚悟を。

1973


公園の遊具のある方は家族連れの方が沢山だったので、桜の遊歩道の方へ。

1973


この日辺り満開だったので、却ってよかったね。(・・・と、後ろめたさの言い訳をする

1973


抱っこの高さに咲いていた桜の枝と。

1973


桜だよ~♪

1973


きれいだね~♪っと、保護者の自己満足写真撮影は続く。

1973


今回ピカイチのくーちゃんの写真、ご覧あれ~。

1973


舌チロくーちゃん♪

1973


くーちゃんもこのきれいに咲いた桜を楽しんでくれているかと思いきや、

1973


実際はくーぱぱに抱っこされながら、ばたぐるっておりました。

1973


舌ペロンチョくーちゃん♪

1973


そろそろくーぱぱが「まだか!?」っていい出したので、反対側からリフトでお願したけど、それあげ過ぎですから~。

1973



いい感じですけど、逆光だったし、くーぱぱも疲れてきてるようだったから、終わりです。

1973


今年の桜、くーちゃんとも楽しむことが出来てくーまま、満足♪

1973


でも、くーちゃんにしてみたら、こんな気持ちだった・・・かも。

1973




メインの検診の結果ですが、病院の後にこんなに晴れ晴れと桜を楽しめたのも結果がまぁまぁよかったから。


病院からの帰りの車中。

これからお花見ができると知ってか知らずか、何となく嬉しそうなくーちゃんのうしろ姿。

1973


心臓の方は変わりなし。

目の表面が白くなってきたような気がするんですけど、って先生に言ったら、「じゃ、これ指してみる?治るわけじゃないけど、進行を止めるって言われてるから」って目薬出してもらいました。

朝晩2回、よく振って点眼。

案外お利口さんに指させてくれてます。

1973


前回からそろそろ半年たつので血液検査も。

相変わらず血の気が多い。

1973



結果、今回はほぼ真っ黒な検査結果に喜んだくーままでした。

1973


少し前からフードを変えたからそのおかげかな?



ご訪問ありがとうございました♪


にほんブログ村

この日はこの後「佐賀城下ひなまつり」に出かけました。

「肥前佐賀幕末維新博覧会」のチケット3で有料のひな祭り会場に無料で入れると書いてあったので、終了前日に滑り込みです。

終了間際ということで何となく華やいだ感じはなかったけど、春休みということもあって子供たちと施設の高齢者の方が沢山訪れていて賑やかでした。

結果、以前から『福ちゃんのお雛様、買ってない~』って寝言のように言ってたのが功を奏したのか、会場で気に入ったお雛様があったので買ってもらえました。

くーままのお雛様が磁器、くーちゃんのが陶器、今回福ちゃんのお雛様はガラス製です。

今年は出しもしなかったので、来年飾るのが楽しみ~♪

あ、ついでに大豆のこいのぼりも買ってもらったので、端午の節句にお披露目しますね~♪

スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活 - ジャンル : ペット

くーちゃんの検診日 12月21日

1カ月に1回、くーちゃんは心臓の検診を受けてます。

大体月末近くに行くのですが、お薬が無くなりそうだったのでちょっと早めに。

年末も近いしね。


この日は息子2号の運転で。


おかげさまで、雑音はあまり聞こえなくなり、心臓の大きさも、前回よりちょこっと小さくなったようで嬉しかったデス。

「まぁ、エコーの誤差の範囲内かな」って言われたけど。

あの日以来、特に咳も出てませんし、今のところいい感じ、みたいデス。


もらったエコーの写真。

どこがどうって分かりませんが。

1932



つつがなく検診を終えて帰る車中でくーちゃんを写そうと・・・、

「くーちゃーん」って名前を呼びますが、かたくなにこちらを向きません。

1932



「くーちゃん」「くーちゃん」「くーちゃん」連呼しますが、ダメです。

1932



最近写真を撮られるのが分かると、絶対カメラの方を向きません。

で、後頭部ばかりの写真を量産しました。

1932



年取ると、頑固になるって言うけど、ほんとですね。

1932



あんまりうるさく連呼していたら、あきれたのか、

1932


やっと正面からのお顔、いただきましたー。

1932




おまけ♪

その日の夜、くーぱぱの膝の上で甘える悶絶かわいい豆助。

こいつは呼んだら、速攻カメラ目線。

1932






ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


短冊に切って、洗濯物と一緒に干されている大根。

1932


夜中もそのまま干してたら、朝には凍ってたけど、このままでいいのか?

取り敢えず、干からびるまで放置です。

おいしい切干し大根が出来ますように。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

福ちゃん、病院を受診する 11月7日と20日の記録

今回の記録は、今更ながら去年の我が家の通院の記録です。


11月5日(日)くーちゃんが朝からごはんの食いつきが悪くて、お湯でふやかしてあげるといやいやですが食べました。

翌朝はどうしたもんかな~と思いながらも朝は食べず、お昼に少し食べて、夜はいつも通り食べてくれたので、ひと安心。

と思っていたら・・・、その翌朝、今度は福ちゃんがガタブルしてます。


くーちゃんと同じ時期からごはんの食いつきも悪かったので、迷うことなく動物病院受診決定です。

くーちゃんはいつも通りに戻ったし、月末心臓の検診があるので今回はパス。



診察待ちでくーままの膝の上の福ちゃん。

何気に不安げ。

1923



免疫介在性溶血性貧血という持病を持つ福ちゃんですから、血液検査は必須。

1923


今回の結果は、赤血球もヘマトも基準値内ですが、前回から比べるとかなり下がっていました。

心配性のくーままの性格はお見通しの先生は、今回新しい血液検査をしてくれました。


1923



がっ、その結果が余計心配事を増やすような結果に。


網赤血球数というのが、基準値以下です!!

網赤血球というのは、今から赤血球になる赤ちゃんみたいなものだと思いますが・・・。

おそらく、免疫介在性溶血性貧血を発症していた時はこの数値がめっちゃ高かったのでは、と言われました。


1923



う~~~ん、今赤血球は十分あるので作ろうとしていない、と考えていいのでは?

という先生の見解を、ほんとーーーに大丈夫ですよね!?と、念を押すくーまま。

たぶん・・・、と苦笑いの先生。


元気だし~、ご飯も食べてるし~、舌も歯茎も赤いし~、おしっこも普通の色だし~。

と、自分で自分を納得させながら帰りました。

1923



取り敢えず2週間ほどしたら再度検査してもらおうと思っていましたが、そのちょうど2週間後。

今度は抱っこをしようとすると、キャンと短く泣いてまた震えています。


くーちゃんのママのまることお兄ちゃんのジャッキーとお姉ちゃんのびすこはてんかんを持ってます。

もしかしてその症状か?とも思いましたが、ちょっと違うような・・・。

抱っこで泣くということは、ヘルニアか!?と、丁度予定していた時期なのでまたまた病院へ。


診察でも抱っこしようとすると、キャンと泣きました。

エコー問題なし。

前回と今回の血液検査の結果

元々高かったコレステロールが今回はぶっちぎってました。

でも、わんこの場合、様子見で大丈夫・・・らしい。

1923


前回怪しかった血液検査は(と言っても、バリバリ基準値内ですけどね)、今回赤血球もヘマトも数値が上がってたので、一安心です。

が、白血球数が少ないな~。

あちらを立てればこちらが立たず、というわけじゃないだろうけど、難しいもんです。

1923


エコーも血液も問題ない(訳じゃないけど)としたら、抱っこした時の、キャンは何?

初期のヘルニアかな~?という先生のお見立てで、今回は消炎剤の注射とお薬をもらって帰りました。



が、その後今に至るまでこの症状が出たことはありません。

ま、結果オーライということで。


つくづく、わんこがしゃべってくれたらな~って思います。




ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

今週は父の病院と親戚の不幸が重なって、ちょっとバタつきました。

不定期更新がますます不定期に。

いつものことですが、ほんと、毎回すいません。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

くーちゃんの検診+おまけの豆助 10月20日

くーちゃんの病気に対して温かい応援のお言葉の数々、本当にありがとうございます♪

丁度お薬もなくなるし、2か月になろうとしているので、いいタイミングかと土曜日に二回目の検診に行ってきました。

水を飲んだ後に時々せき込むので、豆助もついでに診てもらおうと連れていきました。

ハイ、過保護です。


大ちゃんと福ちゃんはあれやこれやで血液検査とかしてるけど、豆助が中々の健康優良児でここしばらく病院に行ってなかったので、おまけです。

1886


今回初めてくーぱぱの車に乗せたら、くーちゃん興奮マックス。

以前よりはおとなしいけど、それでも前と後ろを行ったり来たりして、病院につくまで、くーちゃん!!って怒られてました。



まずは豆助から。

体重2.6キロ、変わりなし。

心音を聞いてもらいましたが、問題なし!!

水飲んだ後にせき込んでるのは、むせてるんだろうとのこと。

まぁ、くーままもそう思っちゃいましたが、念のため、ね。


血液検査もしてもらいましたが、GPTがやや高め。

これはくーちゃんもだから、家族性のものかな~だそうで、この数値だとまだ治療を開始するほどではないとのことでした。

1886


貧血もなしで、無事終了。

1886




お次はくーちゃん。

1886


まずは心音を聞いてもらって、エコーです。

何やらしつこく心音を聞いたり、エコーを見られてたので、何?悪くなってるの!?

くーままの心臓もバクバクです。


結果、心臓の肥大は以前と変わらず。

ただ、前回明らかに聞こえた心臓の雑音が少なくなってる、と嬉しいお言葉頂きましたー!

だから、何度も聞いてたのね~。


そういえば、前回受診した後からせき込むこともなかった(というより、せき込んだのはあの時だけだった)し、動きも以前のように良くなった気がします。

最近ちょっと動きが鈍くなってたので、年のせいかと思ってたけど、あれは心臓のせいもあったのかも。

お薬がいい具合に効いているということですね。



このまま心雑音が消えてお薬を飲まなくてよくなるケースもあるらしいのですが、そこまでは望みませんので、せめてこのまま現状維持が出来れないいな~って思っています。

ということで、今回は嬉しい診断でくーままもちょっとほっとしました。


血液検査は前回とほぼ変わりなし。

1886

1886


ただ体重が4.6キロだったのが、前回から4.45キロとちょびっと減っています。

減った分を取り戻すのに美味しいもの沢山食べさせてあげたいけど、おなかが弱いくーちゃんなので、気を付けないと調子に乗りすぎてもいけません。

これからも、頑張って美味しいお薬続けながら、我が家のわんこリーダーとして頑張ってほしいと思います。

1886



ものすごく深刻な状況ではないのでお気楽に書いていますが、この先どうなるか分からないのはとても不安です。

お薬を飲ませ続けてどのくらい今の状態を維持できますか?って聞いたけど、先生も、う~んって首を傾げられた。


ですよね、ですよね~。

この先どうなるかなんて、分かりませんよね~。


でも、飲ませ続けた方がいいに決まってるからお薬と検診、がんばりまーす!!



行く時はウロちょろうるさかったくーちゃんも帰りの車の中ではお利口です。

1886


豆助と並んでくーままの膝に乗ってます。

1886


最近くーちゃんって呼んでもかたくなにこっちを向いてくれません。

1886


なので写真は、名前を呼ぶとこっちを見てくれる豆助ばかりになるのです。

1886


なので最後はこうなる。

1886


ハイ、気を付けます。




ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村


今年植えた綿の実がはじけていたので収穫してきました。

夏の暑さで株が大きくならなくて、枝ごとドライフラワーにするのはあきらめました。

一応、綿の中に種はできているようなので、来年また植えてみようと思います。

1886

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

くーちゃん通院の記録 8月29日

長々お待たせいたしましたが、やっとくーちゃんの病院の記録デス。

診断に心配でもあり、がっかりもしましたが、もうそういう年になったんだな~って、(自分に重ねて)どこかで納得しているくーままです。

一緒に暮らしだして重ねた年月、老化は避けて通れませんからね。

くーちゃんは大丈夫。

これからもできる限り、早期発見早期治療に努めます。


今日のくーちゃんの写真です。

相変わらずかわいいでしょ。


毎度毎度、お(や)バカでごめんなさいね~。

1885




8月は母が心臓の治療のため入院しました。

治療自体はカテーテルで行われたので入院期間は短くて済んだけど、その後しばらく調子が悪いと病院に行ったり、お盆になったと思ったら近所のお葬式が続いたりと気持ちバタバタな日が続きました。

やっとひと段落したので、保護した子猫の飼い主さんに『その後いかがですか?』の連絡をしたら、ビックリな返事が返って来て、あたふたした月末28日。

正式に譲渡が決まったら、一度新しい飼い主さんのお家を見に行ってくださいね、って保護団体の方に言われていたけど、去勢と避妊手術の時でいいか、と伸ばし伸ばしにしていたら・・・、

とんだ番狂わせなことになって、保護団体さんとあれやこれや連絡を取って、結局一度我が家に連れてきてくれることになりました。

30日に来ます、とのことで、楽しみだね~っと、5わんこと一緒に猫たちにおもちゃやおやつでもと買い出しに行こうということになっていた29日の朝方、くーちゃんがちょっと長くせき込みました。

その後、後ろ足がちょっとぶるぶるしていたので、膵炎が再発か!?と病院に連れていきました。



元気もあるしごはんも食べたけど、朝方ちょっと長めにせき込みました、と伝えました。

時間的には1分くらいだったけど、それが長いのか?短いのか?
ちょっと水を飲んだ時にむせたような感じの咳でした。



まずは血液を抜かれて、いつもの血液検査。

GPT高めですが、治療するほどではない。

6月、膵炎をした時に高かったアミラーゼ・リパーゼも今回は基準値内でした。

1885


貧血、オッケー。

1885



そして、エコーです。


ここで、どうやら心臓が少し肥大してるようだ、と言われました。

通常より1ミリほどだったかと・・・。(すでに記憶があいまい


原因は!?どうして!?と聞くくーままに、

くーちゃんいくつになったかな~? あぁ、9歳、まぁ、老化かな~。





1885




それから心電図をとられて、やっぱり左心室肥大の診断がおりました。





正直そうたいしたことはないだろうと連れてきていたので、ショックでした。

まぁ、まだ初期だからこれからお薬飲んだら大丈夫、とは言われましたが心配です。


老化と言われれば仕方ありませんが、どうして~?なんで~?のグルグル。


でも、なっちゃたものは仕方ない。

これから毎日お薬を飲み続ければ大丈夫、という名医の先生のお言葉を信じて、くーままがお薬を飲ませるのを忘れないように頑張ります!!

1885



まずいお薬だと、くーちゃん辛いよね、って思ってたら、甘い香りの美味しそうなお薬で、先生にも「このお薬はそのままでもよく食べるみたいだよ~」って言われましたが・・・、

正直、おやつと勘違いしてるんじゃないかってくらい、食いつきいいです。

よかった~♪


ただ一粒200円と、ちょっとお高いおやつですけどね。



くーままの投薬忘れ防止のため、お薬のパッケージに日付を書きこんで、一日一回くーぱぱが「今日は薬は飲ませたか?」と確認します。

1885



二重のチェック体制で、毎日お薬頑張ります!!

1885


二か月後にまた来てねって言われているので、もう少ししたらまた検診に行ってきます。





ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

去年そこそこいい感じに収穫出来たので、今年も芋つる植えてみました。

でも、今年は夏の猛暑でいつものように蔓が栄えませんでした。

どころか、なんだかしおれているようにみえるなぁ・・・っと、テラスから見てたら何やら記憶にないオレンジ色の花が・・・。

え?なに!?

1885

っと、近くまで行って驚きです。

植えた覚えのないオレンジ色の彼岸花(だと思うけど)でした。

1885


種で芽が出る植物だったら、鳥のフンで運ばれて…っておもうけど、この彼岸花がどうしてここで咲いているのか不明です。

謎です。

不思議です。


でも・・・、きれいだからラッキー♪

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット