くーちゃん通院の記録 8月29日

長々お待たせいたしましたが、やっとくーちゃんの病院の記録デス。

診断に心配でもあり、がっかりもしましたが、もうそういう年になったんだな~って、(自分に重ねて)どこかで納得しているくーままです。

一緒に暮らしだして重ねた年月、老化は避けて通れませんからね。

くーちゃんは大丈夫。

これからもできる限り、早期発見早期治療に努めます。


今日のくーちゃんの写真です。

相変わらずかわいいでしょ。


毎度毎度、お(や)バカでごめんなさいね~。

1885




8月は母が心臓の治療のため入院しました。

治療自体はカテーテルで行われたので入院期間は短くて済んだけど、その後しばらく調子が悪いと病院に行ったり、お盆になったと思ったら近所のお葬式が続いたりと気持ちバタバタな日が続きました。

やっとひと段落したので、保護した子猫の飼い主さんに『その後いかがですか?』の連絡をしたら、ビックリな返事が返って来て、あたふたした月末28日。

正式に譲渡が決まったら、一度新しい飼い主さんのお家を見に行ってくださいね、って保護団体の方に言われていたけど、去勢と避妊手術の時でいいか、と伸ばし伸ばしにしていたら・・・、

とんだ番狂わせなことになって、保護団体さんとあれやこれや連絡を取って、結局一度我が家に連れてきてくれることになりました。

30日に来ます、とのことで、楽しみだね~っと、5わんこと一緒に猫たちにおもちゃやおやつでもと買い出しに行こうということになっていた29日の朝方、くーちゃんがちょっと長くせき込みました。

その後、後ろ足がちょっとぶるぶるしていたので、膵炎が再発か!?と病院に連れていきました。



元気もあるしごはんも食べたけど、朝方ちょっと長めにせき込みました、と伝えました。

時間的には1分くらいだったけど、それが長いのか?短いのか?
ちょっと水を飲んだ時にむせたような感じの咳でした。



まずは血液を抜かれて、いつもの血液検査。

GPT高めですが、治療するほどではない。

6月、膵炎をした時に高かったアミラーゼ・リパーゼも今回は基準値内でした。

1885


貧血、オッケー。

1885



そして、エコーです。


ここで、どうやら心臓が少し肥大してるようだ、と言われました。

通常より1ミリほどだったかと・・・。(すでに記憶があいまい


原因は!?どうして!?と聞くくーままに、

くーちゃんいくつになったかな~? あぁ、9歳、まぁ、老化かな~。





1885




それから心電図をとられて、やっぱり左心室肥大の診断がおりました。





正直そうたいしたことはないだろうと連れてきていたので、ショックでした。

まぁ、まだ初期だからこれからお薬飲んだら大丈夫、とは言われましたが心配です。


老化と言われれば仕方ありませんが、どうして~?なんで~?のグルグル。


でも、なっちゃたものは仕方ない。

これから毎日お薬を飲み続ければ大丈夫、という名医の先生のお言葉を信じて、くーままがお薬を飲ませるのを忘れないように頑張ります!!

1885



まずいお薬だと、くーちゃん辛いよね、って思ってたら、甘い香りの美味しそうなお薬で、先生にも「このお薬はそのままでもよく食べるみたいだよ~」って言われましたが・・・、

正直、おやつと勘違いしてるんじゃないかってくらい、食いつきいいです。

よかった~♪


ただ一粒200円と、ちょっとお高いおやつですけどね。



くーままの投薬忘れ防止のため、お薬のパッケージに日付を書きこんで、一日一回くーぱぱが「今日は薬は飲ませたか?」と確認します。

1885



二重のチェック体制で、毎日お薬頑張ります!!

1885


二か月後にまた来てねって言われているので、もう少ししたらまた検診に行ってきます。





ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

去年そこそこいい感じに収穫出来たので、今年も芋つる植えてみました。

でも、今年は夏の猛暑でいつものように蔓が栄えませんでした。

どころか、なんだかしおれているようにみえるなぁ・・・っと、テラスから見てたら何やら記憶にないオレンジ色の花が・・・。

え?なに!?

1885

っと、近くまで行って驚きです。

植えた覚えのないオレンジ色の彼岸花(だと思うけど)でした。

1885


種で芽が出る植物だったら、鳥のフンで運ばれて…っておもうけど、この彼岸花がどうしてここで咲いているのか不明です。

謎です。

不思議です。


でも・・・、きれいだからラッキー♪

スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

福ちゃんの通院記録(続き) 9月7日

朝起きて福ちゃんのお尻をチェックすると、汚れてる・・・。

下痢してたわけではなさそうだけど…、とお尻を拭こうとしてその横の部分がカチカチになって腫れているのに気づきました。


あ、また、やっちゃったって、気持ちがドーーーンと落ち込みました、


思わせぶりに書きましたが、福ちゃんの熱と元気がなかった原因はおそらく・・・、

お尻の肛門嚢が炎症(肛門腺炎)を起こしていたのだと思います。

そういうことで、まだ破れてなかったけど、翌日も病院に行くことになりました。


朝の始業時間に合わせて、この日も一番乗り。

熱は相変わらず39.7度

体重は3.45キロと100グラムも減っている。(ちょっとうらやましい)

お尻が腫れてました~、と先生に診てもらって、お尻の周りの毛を刈られた福ちゃん。

針を腫れたところに刺されたけど、まだ膿が出て来なかった・・・。

1868



その後、せっせ、せっせ、と絞ってもらったら、結構な分泌物が出てきました。


他の患畜さんを先生が診てる間、診察台の上で待機。

この後、炎症止めと化膿止めの注射を2本打たれました。

1868


でも、昨日も来ましたよね?

お尻に体温計さして測りましたよね?

喉元まで出かかった言葉は、ググッと飲み込みました。



ここの先生、訴えた症状には的確に処置してくれるけど、診察の時に体全体を診るということはあまりありません。

出来れば体全部を撫でくり回してほしいんだけど、それ以外は飼い主申告。

というか、飼い主が気を付けているのが当たり前なんだろうけど、自分で気付くしかないのがちょっと残念。

でも、年中無休24時間対応してくださるので、非常にありがたい先生です。


結局、昨日もらっていた抗生剤は飲むことになりました。

1868


結構な雨が降っていたので、濡れないようにタオルをかぶせて駐車場から走りました。

1868


もう、終わったよー。

1868

うん、帰ろうね。




車の中ではくーままの横にピタッと伏せして、お利口な福ちゃんです。

1868


昨日の夜中はしょっちゅうお尻をペロペロしていた福ちゃんですが、今朝見たら少し腫れが引いてたかな~。(^-^;)

お陰さまで熱も引いたみたいです。

ご心配いただいた皆様、ありがとうございました♪





大ちゃんの絵もそろそろ完成まじかです。

まだ目の部分が空白なのでちょっと異様な感じがすると書きましたが、瞳が入ると一気に生命が吹き込まれた感じになって驚きます。

その変化に驚かされるのも、吟遊さんの描かれる絵を楽しみに待つ醍醐味だと思います。

『わんにゃん365 「大ちゃん」 その3』





ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

今日は去年に引き続き「中洲ジャズ」参戦です。

というより、息子に会って美味しいものを食べるのが一番の目的デス。(*≧∀≦*)

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

福ちゃん通院の記録 9月6日

大体くーままが寝ようとベッドに寝転ぶと、その時を待っていたわんこたちがわらわらやって来て、わきを固めます。

ん~、幸せ~♪では、おやすみ~♪

・・・・・とは(残念ながら)ならない。

一度ごろんと寝転んで、いざ寝るタイミングで、1匹、また1匹とトイレに行きます。


そして、しっこだけではなく、時にブツも生み出されているので、せっかく寝たのに、また起きないといけなくなります。


あ~やれやれ、とベッドに戻ると、また1匹。

そして、しばらくしてまた1匹、と・・・。


たまには、すんなり寝かせてーーー!!



時に、朝起きてすぐトイレで踏ん張ってることもあるのですが・・・、

全員が一度はトイレに行かないと寝かせてもらえません。

1867



昨日の朝は福ちゃんが起きてすぐにトイレで踏ん張っていましたが、生み出されたブツがちょっと柔め。

1867


朝ご飯どうする?ってくーぱぱに聞かれて、食いつきがよかったら食べさせようか?って言ったのに・・・。

ちょっと食べるのを渋った時はやめてね、って言ってたのに・・・。

そのまま食べさせてしまってました。(くーぱぱが)

1867



その後、後ろ足を小刻みに震わせて、しっぽもダウンしたままだったので、

ブツも緩めだったし、ちょっと元気もないし、もう長いこと血液検査にも行ってなかったので、検診がてら病院に行くことにしました。

※福ちゃん1歳半の時にIMHA発症してます。
 この病気に完治はなく、再発の可能性があるので日々要観察です。


体重3.55キロ、熱が39.7度。

犬の体温が高いとはいえ、ちょっと熱があるのかな?

興奮したら体温が高くなることもあるからね、って先生言ったけど、ずっと体が火照った感じなんだけどな~。


エコー異常なし。

血液検査、特に問題なし。

前回からなんと、ほぼ1年ぶりという。

のど元過ぎれば、とはよく言うけれど、それだけ福ちゃんが元気だったので行かなかったってことにしよう。


1867

血糖値とコレステロールが高いのは朝ご飯を食べてすぐだから?仕方ないとしても、ヘモグロビンは基準値オーバー。

IMHAを発症した頃がウソのよう。




先生も、何だろうね~?と首をかしげておられましたが、とりあえず抗生剤と下痢止めの注射を打ってもらって終了。

今日は晩ごはんまで抜いて様子を見て、まだ下痢が続くようなら抗生剤と下痢止め飲まして、と言われました。


うちに帰っても、やっぱり、元気がないような・・・。

そして、抱くとほかのこより体が熱いような気はしてました。


夕方にコロリとしたいいブツを出してたし、晩ごはんの前にアワアワの胃液を吐いたので、いつもより少なめで、よくふやかしたごはんをあげました。

その後、特に変化なし。

ただ、抱っこすると体がぽっぽした感じで熱いような気はしてました。



その原因だと思われることが翌朝判明。

連チャンあさイチで、病院に行ってきました。

続きます。

1867




病院の診察台の上で写真を撮ろうとして、スマホを持ってくるのを忘れていることに気付いて、残念。

・・・と思っていたけど、翌日も行くことになってリベンジ出来ました。

このリベンジは、できない方がいいんだけどね~。



ということで、写真は以前(お耳)カットした後撮った写真を使いました。



吟遊紳士さんに描いてもらっている大ちゃんも完成まじかです。

今回は豆助の時と違って、最後に目を入れるといういつもの技法で描かれているので、まだ目の部分が真っ白な空間になっています。

ちょっと異様な感じではありますが、これから目の部分に色が入って、瞳が描かれると一気に活き活きとした絵に変わり、その変貌ぶりに毎回驚かされているのです。

ブログのアップが遅れたので、「その2」と「その3」それぞれお楽しみください。

『わんにゃん365 「大ちゃん」 その2』

『わんにゃん365 「大ちゃん」 その3』





ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

またまた、やらかしちゃった感が半端ナイ。

でも、昨日病院で診てもらった時は、大丈夫・・・だったと思う。

コレは、いつも突然やってくるから・・・気を付けろ!!

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

くーちゃんの膵炎、その顛末

昨日のお昼はリバースしたくーちゃんでしたが、これはくーままのミスです。

膵炎の時はビタミンCや酵素がいいとネットで読んだ(ような気がした)ので、買ってまだ飲ませていなかったクロレラをご飯に入れてみたのです。

本当にいらんことしいで、これだと病気でのリバースか、クロレラでリバースか判断がつきません。

そもそも病気の時にあげようというのが間違いのもとだけど、少しでもよさそうだったら試してみたい気はしますよね?
あ、しませんか・・・。

夜は普通にササミのゆで汁でふやかしてあげたらリバースなしで食べてくれました。


これに気をよくしていたら、今朝食べてしばらくしたらまたリバース。

これはもう、病院行き決定です。


ということで、いつもの病院です。

行きの車中、くんくんひんひんくーちゃんが鳴くもんで、おなかが痛いのか、喜んでいるのか、気が気じゃないったらありゃしない。


まずは体重測定ですが、4.2キロ。
また痩せてる・・・。

普段はもうちょっと体重落としたほうがいいと思ってるけど、病気の時はご勘弁です。


血液を抜かれて、エコーで診てもらって、結果が出るまでしばし待ちます。

1831



その間先生はほかの患畜さんを見ながら、いろいろお話を聞きます。

今更ながらくーちゃんが飲んでいたあの白い薬は何か?と尋ねたところ、「膵炎のお薬」だったそうです。

かなり苦い薬だったらしく、くーちゃんが器用に吐き出していたわけも納得。

ササミにくるんであげて、ゴックンしたかと安心していたら椅子の下に落ちてたり・・・。

何度かやってると犬も薬が入ってることに気づくので、薬をくるんだササミをやったら、がっついてる間にすぐ次を食べさせて、と薬の与え方の極意も教えてもらいました。

前回ササミでくるむところまでは聞いたんだけど、やっぱり詰めが甘いくーまま。



で、肝心の検査結果ですが、

これがなんと、

拍子抜けするくらい、

すぱっと数値が下がっていました。

1831



ばんざーーーい!!

1831


貧血のほうは今回も問題なし。

1831


膵炎は数値が急に上がるけど、落ちる時はすっと落ちるそうです。

もうしばらく今のフードを食べたら、そのあとは普通の食事に戻してもいいらしいのですが、今回のことでフードの成分表の脂肪分が気になったので見てみたら・・・、

オリジンは15パーセント以上、シュプレモが13パーセント以上。

今くーちゃんが食べている消化器サポート(低脂肪)は5パーセント以上ってなってたから、まずいはず。

くーまま食べたことはないですけどね。


病気の時は仕方なかったけど、もう普通食に戻していいらしいので、今のフードがなくなったら新しいフードを探してみようと思います。

昔から体に合わないフードだと、うんPが緩くなっていたくーちゃんだから、難しいな~。


ところで、数値はいいのに時々リバースしてたのはどうしてでしょう?と聞いたところ、やはり病気と薬で胃腸が弱ってるんだろう、とのことで今回出たお薬は胃腸の薬3日分です。


お会計の時、くーちゃん、ストレスになるようなことがなかった?って先生に聞かれたので、フードがまずいことくらいかな~、って最後の最後にくーまま毒吐いてきちゃいました。

だって~、まずいって言ったの、先生だからね~。


帰りに実家のジャッキーのフードを頼まれていたので寄りました。

久しぶりのきょうだい再会ですが、くーちゃんはジャッキーを華麗にスルー。

ジャッキーは嬉しそうにお尻の匂いをかぎまくってついて回ってましたが、並んだ二人の体格の違いにちょっと笑えました。

1831


母も、ジャッキー太っとんね、くーちゃん細かね、とうらやまし気につぶやいていました。

それはおやつのあげすぎです!!とくぎを刺してきましたが、これからも甘々な両親におやつをもらったり、ちょろい母のスキを盗んでおかずを盗み食いしたりするのでしょう。

一応、病院で買っている満腹サポートのフードのおかげで、これでも少しはやせたらしいんですけどね。



ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

ソフトを読み込ませないとデジカメで撮った写真がパソコンに取り込めない。

めんどくさいのでやってないと写真はスマホでばっかり撮ってしまう。

お手軽でいいんだけど、(安さに惹かれて買ったスマホなので)画像が荒いし、動きが速いとブレブレ。

縛りがまだ1年半あるけど、早く買い替えたくて仕方ないっ!!


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

小さなことも見逃してはいけません

昨日くーちゃんを連れて病院に行ってきました。

前日の朝、小刻みに体を震わせてご飯を食べなかったんです。

お昼ご飯からは普通に食べてくれたので、フードに飽きたのか?ヒートの時期からして(ちょっと遅いような気もするけど)想像妊娠で食欲が落ちたのか?
でも、実際妊娠した時食欲は落ちなかったけどな~。

っと、軽く考えていたら、昨日も朝ご飯を食べませんでした。

そういえば、なんとなく元気もないように見えるし、相変わらず体を小刻みに震わせています。

お腹がぐるぐる鳴ってるようでもあり、胃腸炎かな?

でも、外で物音がしたら真っ先に吠えて走り回ってるので、大丈夫かな?

でも、ここ2~3か月前から時々こんな症状があったので気にはなっていました。

お昼ご飯も食べなかったら病院に行こう!!

と、決めて様子を見ていましたが…、

案の定、お昼ご飯も食べなかったので、午後イチの診察時間に着くように出掛けました。

お出掛けと勘違いして大喜びのくーちゃん。

1827


には申し訳ないけど、病院です。

1827


いつもは午後の診察開始の3時前には始まっているのに、今日は手術が長引いていたので、しばらく待ちました。


体重4.35キロ、熱は39.2℃

まずは血液検査の血液を抜かれて、その結果待ち。

1827


丁度患畜さんがいなくなった頃結果が出てきましたが、その数値を見て思わずうそっ!!と叫んでしまいました。

それほど基準値から遠く離れた数字が出ていたのです。

リパーゼという数値が半端なく高い。
あと、アミラーゼも…。(T-T)

1827


膵炎をおこしていたようです。


くーまま、またやっちゃいました。

くーちゃんの異変を何度か目にしてて、気付いてやることが出来ませんでした。

「嘔吐しなかった?下痢は?」

って聞かれましたが、嘔吐も無ければ今日もいいうんちでした。

「脂肪分の高い食べ物あげた?フードを変えたとか?」

フードは今までと同じで、ここ数年変えていません。因みに我が家はシュプレモとオリジンを半々であげてます。

おやつは毎日あげてましたけど…。

「おやつも結構脂肪分が高いからね」

そうですよね。 
以前も、何度も、そのお話は伺っていますが、本当に学習しない飼い主で申し訳ない。


エコーでくーちゃんのお腹を診る先生に、治りますか?大丈夫ですか?と詰め寄ったくーままに、「ん~、今日と明日まで絶食ね」と言われ、いつもの曖昧な微笑みで返されてしまいました。

「もっと酷いと血便になったり、白血球がぐんと上がったりするからね」って慰めの言葉ともとれるお言葉いただきました。

が、くーちゃんに申し訳なくてよかったとは思えません。

1827


このあと点滴をしてもらって、なにやら薬液を2本注入され、診察は終了。

明日まで絶食させて、消火器サポートのフードを食べさせて、と言われましたが、

それってロイヤルカナンですよね~。
以前ロイヤルカナンをあげてうんちが柔くなったんですけど~。

って言ったけど、これは脂肪分が少ないから大丈夫ってやけに自信満々に言われたので信じます!


後お薬が朝晩2回6日分。
先生が割ってくれたから、なんのお薬か分からないけど。(^-^;)


1827


とにかくこれからくーちゃんが食べられるフードはこれしかなくなる、かもなので食べてもらわなきゃ。

家に帰ると少し元気になったように見えたくーちゃん。

昨日のご飯の時はくーぱぱが抱っこで外に連れ出してくれました。

外に行けるので大喜びで抱っこされて行ってたくーちゃんですが、今朝は何かおかしいと気付いたのか、顔が憮然としてる。(-_-;)

1827


もうちょっとの我慢だから、辛抱してね。

1827



何か、最近、やたらくーちゃんが可愛くなったからちょっと心配してたんだよね~。

1827


福ちゃんも病気が発症する前ちょっと可愛くなったから。

うちのこ、可愛くなったら要注意という、残念な子達なんです。( ̄▽ ̄;)


ご飯を食べてると何かくださいって見上げてくるくーちゃん。

切ないです。

1827

切ないとか言いながら、くーままはちゃっかりご飯食べてますけどね。( ̄▽ ̄;)

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット