FC2ブログ

大ちゃん、てんかんデビューデス。

最近病院ネタが多い気がする。

今回も病気ネタですが、ふざけて言ってる訳ではなくて、

いつかは我が家のだれかも・・・、という心構えはあったので、敢えて軽いノリで書いてみました。

というのも、家系的にてんかんの持病があったみたいで、5わんこんちのチョびんぱぱ、まるこママ、お姉ちゃんのびすこちゃん。

それに、実家にいるくーちゃんのお兄ちゃんのジャッキーもてんかんの発作を起こしたことがあって、現在もお薬服用中。

ついでに言えば、びすこちゃんもお薬飲んでますが元気。

チョびんパパは現在お薬飲んでませんが、発作はここのところ起こしてないらしい。

16歳の高齢ですが、そこそこ元気に徘徊家の中をぐるぐる歩き回っては、ぐうぐう寝る健康優良老犬です。

てんかんについては、色々聞いたり、たまに発作を起こしたのを見たりしてるので、そう心配はしていません。


ただ、たまたまくーままが買い物で留守の時に初めて発作を起こして、それを見た息子がビックリ仰天。

でもさすがに(くーままより)若いので、機転が利きますね。

動画を取っておいてくれたので、とても助かりました。


まずはその時の様子をご覧ください。




カシカシ、カシカシと爪で床をひっかく音に気付いた息子が見に行ったら、フラフラしながら歩く大ちゃんが目に入って撮影を始めたようです。

ペタンと座り込んだ後、体を小刻みにブルブル震わせていたので、落ち着くまでしばらく抱っこ(本人は3分ほどと言ってますが、もしかしたらもっと短かったのかもと思っています)していたそうです。


買い物から帰って話を聞いて、動画を見た時は、ついに我が家にも来たか、という思いと、

もしかして、他のもっと重い病気だったら、という不安でした。(というのも、脳腫瘍によるてんかんというのも聞いたことがあるので)

この日が日曜だったので、まずは5わんこに動画を見てもらい、「てんかんみたいだね」と言われ、ちょっとほっとしました。


本日早速、病院へと行ってきました。

くーままの膝から下りない大ちゃん。

2177


小刻みに震えていますが、これはビビりーのせいで、てんかんではなし。(と思われる)

2177


病院の看板犬がご挨拶に来てくれましたが、ご挨拶というよりはくーままの足をくんすか嗅いでます。

2177


大ちゃんは膝の上から微動だにせず。

2177


看板犬、匂い嗅ぎまくり。

結果、二匹の距離は縮まることはありませんでした。

2177


診察室に入って体重測定、6.65キロ。

それから血液検査デス。

「え、血液検査でてんかんって分かるんですか?」って尋ねたら、カルシウム不足や低血糖などでも起こるらしいので、それを除外するための検査らしいです。

他に原因が無かったら、真正のてんかん、となるらしいけど、まぁ、大ちゃんの場合、家族性ってのが大きいと思われる、と言われました。

ですよね~。(他の病気より家族性のてんかんであってくれ~、と密かに願う、というのも変な話だけど)


で、待てど暮らせど、中々結果が出ない。

出たけど、待たされる。

なに!?なんか、問題あるの?(ちょっとバクバクしてきます)

そうこうするうち、隣の診察室から「てんかんですね」という声が聞こえてきて、どうやら、隣の患畜さんもてんかんらしいことが分かる。

ここの病院は、はぼ話が筒抜けなんです。


で、しばらくしたら、今まで聞いたことが無いような悲痛な叫びが!!

犬の悲鳴って初めて聞いたかも。


かなりひどい発作を起こしてたらしく「安定剤を打っておきます」とか言われてて、隣で聞いてるくーままドキドキ、バクバク。

で、結構な時間診察台に放置プレーされてた大ちゃんとくーままですが、検査結果の紙を見て、血が足りなかったんじゃない?という声が聞こえてきました。

ええーーー!?

血液の量が少なくて結果がちゃんと出なかった、ってことでしょうか?

また血取られるのかな~?って待ってたけど、別の機械でその項目だけ調べられたらしく、結構な時間待って、問題なし、ってなりました。

どうやら、カルシウムの項目を調べるのに血の量が足りなかったらしいけど、コレって本当に大丈夫でしょうね?と思ったことは内緒。

カルシウムの項目は訂正して、先生の手書き。

2177


他は異常なし。

2177


待ってる間に、大ちゃんは抱っこ~って来るし、しばらくしたら重たいから診察台に戻しての繰り返し。


でも、その間にこんなに可愛い写真が撮れたから、いいか。

2177



結果、(嬉しくないけど)真正のてんかんだろうけど、発作としては軽いので、お薬を飲むほどじゃないかな~。

次起こしたら、しばらく飲ませてみようか、ということになって、経過観察となりました。

そういえば、最近また寒さがぶり返したり、雨が降ったり、雷が鳴ったり、とお天気が不安定なのも要因のひとつらしいです。

それと興奮させすぎるのもダメらしいけど、我が家の場合は・・・無理ですね。



長ーい記録になりましたけど、読んでくださった方ありがとうございました。

なにかのお役に立てたら、幸いです。

2177


で、今回も(あみぐるみ欲しさに、邪な気持ちで)募金してきたくーまま。

今回お連れしたのは、柴犬ちゃん。

2177



ネットで売ればいいのに、という声も多いらしいけど、あくまでも盲導犬を知ってもらって、その活動に共感してもらって気持ちで募金してもらえばいいから、という看護師さんのお母様の崇高なお気持ち、立派過ぎです。




ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村


窓口にぶら下がってるあみぐるみを見るのも、病院に行く楽しみ♪

そして密かに、次はどのこを持ち帰ろうか?と画策している、邪心あふれるくーままです。

2177

スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

抜糸終わったよー♪

昨日で手術から2週間。

ということで、抜糸に行ってきました。



例え出かける先が病院でも、嬉しくてたまらないくーちゃんデス。

まだ術後着と猫のちゃんちゃんこ着用中。

2155



今まで怖くて直視できなかったけど、最後なので写真に撮ろうと頑張りましたが、うにゃうにゃ動くのでうまく撮れず・・・。


結局、病院の駐車場でシートに前足を掛けて(くーままのカバンを踏んづけて)立ってるところを激写!!


まだ糸が付いてるけど、思っていた以上に傷口はきれいデス。

2155




待合室で待ってる間、挨拶に出てきてくれる病院の看板犬とくーちゃん。

この日はお互いクール。

2155



診察室に呼ばれて、心臓の検診が終わると、いよいよ抜糸。


ハサミでパチパチ糸を切ってもらいましたが、何か所か引っ張りましたね、っていうところもあったらしく、糸の先がない!と言われたりでしたが、無事、全部の糸を取ってもらって抜糸終了。



これにてくーちゃんの手術の記録はおしまいです。

2155



手術を挟んで、色々ありましたが、もうしばらく病院に来なくて済んだらいいな、と思うくーままです。



ピークは4.6キロほどあったくーちゃん、今回の体重は4.2キロでした。

ヘルシーウェイトのフードをあげてるくらいで、特にダイエットはしてないのに大丈夫か?と聞きましたが、まぁ、このくらいが適正体重だから今のところ問題ないでしょう、とのこと。

確かに、我が家で豆助に次いで・・・、いやいや、もしかして豆助より、運動量が多いのはくーちゃんだからな~。



抜糸後のお腹を撮ろうとしたら、優しくうーってうなられてあきらめてましたが、ちょうど5わんこが来たので持ち上げていてもらいました。

乳首が一つなくなっちゃいましたが、くーままのお腹の傷よりきれいデス。

2155





ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

1月に姪っ子が赤ちゃんを産みました。

アメリカ人と結婚して今はアメリカに住んでます。

妹Mちゃんが1月末頃からお産看病にアメリカに行ってますが、内祝いを送るので住所を教えて、って連絡が来たので、アメリカからだと送料とか大変だろうからいいよー、って返信したら・・・、

楽〇さんから送るので大じょーぶ、だって。


しかも、その翌々日に荷物が届いてビックリ。

はやっ!! 

2155


なるほど、こんな手があるんだね。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

ほんとに勘弁って感じです

くーちゃんの病理検査の結果に、沢山の方によかったねって言ってもらえて、とても嬉しかったです。

画面の向こう側で応援、心配してくださった皆様もありがとうございました。

これで、(くーちゃんのしこりに関しては)やっと一安心です。



くーちゃんの診断結果も出たので、後は抜糸に行くだけ~♪

・・・と思っていたら、やっぱりそれだけで終わらないのが我が家。


日曜の夜、珍しくリビングのくーぱぱのベッド兼用のソファで、ゴロンとしてテレビを見ていた時の事。

くーちゃんと豆大福、4匹全部ベッドの上にいました。


と、なんでスイッチが入っちゃたのか、突然豆助と大ちゃんが、ガウガウガウ・・・

キャー、ダメダメー!!と止めに入ったら、さらにエスカレートして、それにつられて今度はくーちゃんと福ちゃんまで、ガウガウガウ・・・

両手両足を使って、それぞれを分けて、「どうどうどう、落ち着けー!!」っと引き離しました。

しばらくしてようやく落ち着いたようなので、それぞれ怪我がないかの確認をしようと思っていたところ、点々って小さな血の滴りが・・・。

「あーっ!!誰かケガしてるから確認してー!!」

っとここでも、ゴッドハンドの息子2号大活躍。

「豆助の目のところから血が出てる!」

2154



「なにーーー!?」

そりゃ大変!!、と見れば瞼の下のところに傷があります。

幸い大きな傷ではなかったものの眼球の方に傷が入ってないか心配。

2154


残りのわんこのケガがないことを確認して、動物病院の先生のホットラインに電話デス。

くーままが行ってる病院は行きつけになると、ほぼ365日24時間、何かあったらまず電話で症状を聞いて、緊急性がある時は先生が診てくれます。

なので、真夜中の出産で腸がへその緒から出ていた大ちゃんもすぐに手術してもらって助かりました。

本当に、神様のようにありがたい先生なんです。


目は開いてる?  開けてます。

抗生剤はあるかな?  以前大ちゃんがもらった残りが1錠あります。

豆ちゃんだったら、その4分の1飲ましておいて。  ハイ、分かりました。

目が開いてたら大丈夫だと思うけど。  夜分にすいませんでした。取り敢えず明日伺います。

と対応してもらえたので、とても安心できました。


それからは、今晩この4匹をどうするか?と悩んで、先日片付けたサークルをまた組み立てて、豆助と福ちゃんをイン。

2154


2154


最初のうちはよかったんですが・・・、

2154


しばらくすると、福ちゃんが柵に手を掛けて飛び回りながらの、ギャン泣き。

2154


たまらずくーぱぱが、「出せ!!」

ということで、今度はクレートに入れてみましたが、扉をがりがり、キャンキャンさらにうるさい。

再度くーぱぱが、「出せ!!」




「大ちゃんをクレートに入れた方が一番いいと思います」

やっとくーままの意見が通って、大ちゃんにクレートに入ってもらって一件落着。

なんで、最初から大ちゃんをサークルやクレートに入れなかったか、というと・・・、

今回の件に関しては豆助が悪い!!というんですね。

最近、ベッドの上から大ちゃんにガウーガウーと威嚇していた豆助。

バトルが勃発した時も、大ちゃんにうなってたらしいです。


それで、大ちゃん押しのくーぱぱは、大ちゃんが可愛そうだ、とサークルやクレートに入れずに自分が抱っこして寝る、と言い張ったんです。

でも結局ガウガウうるさい福ちゃんに負けて、大ちゃんに一晩クレートで過ごしてもらうことになりました。

最初からそうしてたら、アレコレバタバタしなくて済んだのに、ね。


翌朝見たら、瞼の下がちょこっと赤いくらいだったけど、眼球に傷が入ってないか気になるし、一応病院に行きました。


2154


お陰様で眼球に傷はなくて、今飲んでる分のお薬と抗生剤の入った目薬いただいて帰ってきました。

ついでに、なにかあった時の為に予備に抗生剤もいただきました。

これで、なにかあっても安心。(ない方がいいけど)

2154



ついでに、豆助のもも?お尻の辺りに出来た変なおできも診てもらいましたが、「う~ん、なにかのいぼかな?」

ということで、経過観察になりました。

2154


あ、あんこちゃんの乳腺のしこりも経過観察らしいです。



今回は、豆助と大ちゃん、くーちゃんと福ちゃんみたいに、オスとメスチームで分かれてのバトルでしたが、

多頭の場合、1匹がやられていると残り全部で襲う時がある、というお話を聞いて、ちょっとヒヤッとしました。

さすがに3匹と1匹だと、引き離すのも大変ですからね。


一体何が引き金でバトルが始まるか、いつ始まるか、分からないので、常にアンテナは立てておかないと、と思ったーままです。


土日連チャンでくーぱぱとお出かけしたので、ストレスが溜まってたのかな~。

くーままも反省。

2154








ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

そのお出かけしたという土日ですが、土曜日はタダの牛丼を食べて、セールでお安くなってる毛布を買って、ディーラーに車を見に行ってました。

あ、すぐ買うという訳じゃないけど、早めに検討しとかないと、と思って。

何しろ17.8年経過してる車なので、いつ何時、なにがあるか分からないもんね。

で、日曜日は、リフォームフェアっていうのがあってたので、ちょっと話を聞きに行ってきました。

そこのイベントで、お花の寄せ植えというのがあってたので参加。

材料全部無料で、棚にある花の苗から自由に選べました。(7株まで)

2154


で、モチロン欲張りBBAのくーままは、単価の高そうな花の苗を、鉢一杯ぎゅうぎゅうに植えました。

名付けて「THE 強欲寄せ植え」 いかがでしょう。

2154


色々もらえてなんかすごく得した気分♪ってホクホクしてたけど、そのお出かけのストレスでケガして病院に行ったとしたら、却ってお高くついたかも。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

腫瘍の診断結果が出ました

しこりを見つけてから、ドキドキ。

ちょっとずつ大きくなっていったのに、ドキドキ。

そして手術をすることになって(というか、くーままが半ば強引にお願いしたような感じだけど)、ドキドキ。

手術当日、無事終わってほっと一息ついたけど、組織検査の結果が出るまでドキドキの日々を過ごしていました。



1月29日(火)

抗生剤が無くなったので、傷の様子を見てもらうために病院に行きました。

ここ数日お尻の周りの傷から出血してたし、たまたま来てた5わんこと行きましたが、待合室でくーちゃんのお尻を見た5わんこが「くーちゃんのお尻、血だらけ・・・」と絶句。

先生に診てもらいましたが、動くところだし縫ってないから、時間がかかるけど、徐々に良くなっていくからと言われて、ちょっとほっとしました。

気になっていた麻酔をした時の呼吸の乱れについては、先生もなんでだったかな~って首を傾げられて。

心臓の音も聞いてもらったけど、うん、大丈夫!って言われて、腑に落ちないけど無事に終わったのでよし、ということに。

この日は抗生剤の追加をもらって帰宅。


このお薬を出す時、「くーちゃんの抗生剤どれ出してたかな?」って、先生くーままに聞くんですよー。

え?カルテに書いてないの?と思いつつ・・・、

くーままも写真に残してるから、「あ、ちょっと待って先生、コレコレー」って見せて、

「じゃこれ出しときますね」みたいな、ゆるーい先生、だけど、名医デス!!

2153




2月2日(土)

手術から大体10日ほどで結果が出るということだったので、もうそろそろじゃないかと朝からそわそわ。

午後の診察に合わせて電話をしたら、「来てますよー、えっと、くーちゃんの結果は・・・」と言われたところで、

「今から伺います!!」っと電話を切って、くーちゃんと行ってきました。(あ、くーぱぱも)

だって、電話先で聞く勇気なかったですもん。


で、相変わらず車の中で大暴れするくーちゃんを押さえながら、病院の駐車場に着いたら、何やらよく見る車が止まっていて・・・、

中に入ると、5わんこと娘っちがいました。

皮膚トラブルを抱えたあんこちゃんの足の毛が生えだしたと喜んでいたところに、耳の毛がごっそり抜けたということで連れてきたとのことでした。



待合室でもウロウロなくーちゃん。

2153


くーぱぱが前のめりなのは、病院の看板犬をかまってます。

2153


で、なに?なに?と隙間から覗き込んでるくーちゃん。

2153


くーちゃんが着ている洋服みたいなのは、伸縮する筒状のニットの包帯?みたいなもので、前足のところをちょんちょんと切って先生が作ってくれた術後服みたいなものです。

2153


この術後服が中々の優れもので、家ではこの上に猫のちゃんちゃんこを着せてました。

2153


待合室で話してる間、あんこちゃんのお腹にしこりを見つけちゃった5わんこ。

「ちょうどよかった、じゃないけど、すぐ診てもらえる」と診察室に入って、先生と症状をごにょごにょ話しているのが開いたドア越しに聞こえてきたけど、多分あんこちゃんのしこりのことを尋ねた時でしょう。

「くーちゃんのは良性だった・・・」とそこだけはっきりと聞こえました。

もう、結果を聞くまでバクバクしていたくーままですが、「えーーー!!」っと驚くやら、嬉しいやら。

2153



そこで言っちゃいますか、と一瞬思いましたが、

「せっ、先生!!くーちゃん、良性だったんですねー」と思わず横入りしちゃいました。

予期せぬタイミングだったけど、いい結果を聞く事が出来てほーーーっと安心したのでした。



あんこちゃんの診察が終わった後、くーちゃんの診察があって、腫瘍の説明がありました。

病理組織診断名としては「複合乳腺腫」と書いてあって、今回のしこりについては問題なしの診断を頂きました。

ただ診断書には、高齢の犬では乳腺腫瘍が多発することもあり、41~53パーセント(と数字がやけに細かい)は悪性と報告されているので今後も注意が必要です、と書かれていました。


抜糸は、傷の状態はずいぶんいいみたいだけど、手術からまだ1週間なので、後4,5日後にしようか、と言われました。


去年の9月に小さなしこりを見つけて、悶々としていた日々がやっと終わりました。

出来るなら、これで終わりにしてほしいけど、これからも触りまくって早期発見に努めたいと思います。


実は、このしこりを見つけたのは我が家の息子2号。

日頃からよく触りまくってくれるからか、よくしこりを見つけてくれます。

『えー、また見つけたのかよ』と思いつつ、くーままは胸の内で密かに「ゴッドハンド」と呼んでいます。



ご心配いただいた皆様、応援ありがとうございました。

これで長かったくーちゃんの闘病記終了です。

2153






ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

またまた今月も始まりました、SBの「スーパーフライデー」

2月は吉野家の牛丼並盛無料です。

去年は(胡散臭い気がして)数回逃して損した気がするので、今回は初日からキッチリいただいてきました。

チケットもらって、(別日にゆっくり)くーまま初のお店でイートイン。

2153

タレが思っていたより甘くなくて、案外食べやすかったと思います。(っていつもの上から目線ですケド)


って呑気にこんなことを書いてたら、日曜の夜にまた事件が!!

月曜日、また動物病院に行ってきます。

あぁ、負のスパイラルから抜け出せない。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

安静にしてるのに飽きたくーちゃん

サークルの高さくらいなら楽々飛び越えちゃうくーちゃん。

さすがトイプードル、ジャンプ力半端ないデス。

って、今はそんなこといってるばやいではないっ!!

まだお腹切ってから一日しか経ってないんだからね、今日くらい安静にしててよー。

というくーままの願いもむなしく、サークルに入ってるのに飽きた模様のくーちゃん。


カメラを向けると、写り込もうと座り込んだ豆助の後ろにぼんやり写っているのは・・・、

2152



脱走してソファ(くーぱぱのベッド)でくつろぐくーちゃん。

元気だし・・・、先生も普段通りで大丈夫って言ってたし、もういっか。

2152



ということで、サークル生活終了!(短っ)

したらば、おとなしくしていた間のうっぷんを晴らすかのように、

2152



激しい。

2152



動きが激しい。

2152



激しすぎて、お腹の傷が開くんじゃないかと気が気でないくーまま。

2152



くーちゃん、やーめーてーーー!!


と言いながら、写真は撮り続けたけど。

2152



そんな親の心、子知らず。

まだまだ続くかと思われたけど、一瞬我に返って動きを止めたかと思うと、

2152



幽霊ポーズのまま固まったくーちゃん。

2152



ぐるんぐるん動いていたのが止まったので、覗きに行った福ちゃん。

2152



その後、何事もなかったかのようにポージング。

2152


これで手術翌日なんですよ。






ご訪問ありがとうございました♪

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

お腹の傷より、お尻の横の脂肪腫を取ったところが大変。

切ってるけど縫ってないので、二日目にはお尻の周りが血だらけに。

きばる時にどうしても動かしちゃうところだから、せっかく出来た薄皮もすぐ破れてまた出血して、の繰り返し。

どっちかというと、こっちの方が痛々しいのです。

写真は自粛。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット