くーちゃんの膵炎、その顛末

昨日のお昼はリバースしたくーちゃんでしたが、これはくーままのミスです。

膵炎の時はビタミンCや酵素がいいとネットで読んだ(ような気がした)ので、買ってまだ飲ませていなかったクロレラをご飯に入れてみたのです。

本当にいらんことしいで、これだと病気でのリバースか、クロレラでリバースか判断がつきません。

そもそも病気の時にあげようというのが間違いのもとだけど、少しでもよさそうだったら試してみたい気はしますよね?
あ、しませんか・・・。

夜は普通にササミのゆで汁でふやかしてあげたらリバースなしで食べてくれました。


これに気をよくしていたら、今朝食べてしばらくしたらまたリバース。

これはもう、病院行き決定です。


ということで、いつもの病院です。

行きの車中、くんくんひんひんくーちゃんが鳴くもんで、おなかが痛いのか、喜んでいるのか、気が気じゃないったらありゃしない。


まずは体重測定ですが、4.2キロ。
また痩せてる・・・。

普段はもうちょっと体重落としたほうがいいと思ってるけど、病気の時はご勘弁です。


血液を抜かれて、エコーで診てもらって、結果が出るまでしばし待ちます。

1831



その間先生はほかの患畜さんを見ながら、いろいろお話を聞きます。

今更ながらくーちゃんが飲んでいたあの白い薬は何か?と尋ねたところ、「膵炎のお薬」だったそうです。

かなり苦い薬だったらしく、くーちゃんが器用に吐き出していたわけも納得。

ササミにくるんであげて、ゴックンしたかと安心していたら椅子の下に落ちてたり・・・。

何度かやってると犬も薬が入ってることに気づくので、薬をくるんだササミをやったら、がっついてる間にすぐ次を食べさせて、と薬の与え方の極意も教えてもらいました。

前回ササミでくるむところまでは聞いたんだけど、やっぱり詰めが甘いくーまま。



で、肝心の検査結果ですが、

これがなんと、

拍子抜けするくらい、

すぱっと数値が下がっていました。

1831



ばんざーーーい!!

1831


貧血のほうは今回も問題なし。

1831


膵炎は数値が急に上がるけど、落ちる時はすっと落ちるそうです。

もうしばらく今のフードを食べたら、そのあとは普通の食事に戻してもいいらしいのですが、今回のことでフードの成分表の脂肪分が気になったので見てみたら・・・、

オリジンは15パーセント以上、シュプレモが13パーセント以上。

今くーちゃんが食べている消化器サポート(低脂肪)は5パーセント以上ってなってたから、まずいはず。

くーまま食べたことはないですけどね。


病気の時は仕方なかったけど、もう普通食に戻していいらしいので、今のフードがなくなったら新しいフードを探してみようと思います。

昔から体に合わないフードだと、うんPが緩くなっていたくーちゃんだから、難しいな~。


ところで、数値はいいのに時々リバースしてたのはどうしてでしょう?と聞いたところ、やはり病気と薬で胃腸が弱ってるんだろう、とのことで今回出たお薬は胃腸の薬3日分です。


お会計の時、くーちゃん、ストレスになるようなことがなかった?って先生に聞かれたので、フードがまずいことくらいかな~、って最後の最後にくーまま毒吐いてきちゃいました。

だって~、まずいって言ったの、先生だからね~。


帰りに実家のジャッキーのフードを頼まれていたので寄りました。

久しぶりのきょうだい再会ですが、くーちゃんはジャッキーを華麗にスルー。

ジャッキーは嬉しそうにお尻の匂いをかぎまくってついて回ってましたが、並んだ二人の体格の違いにちょっと笑えました。

1831


母も、ジャッキー太っとんね、くーちゃん細かね、とうらやまし気につぶやいていました。

それはおやつのあげすぎです!!とくぎを刺してきましたが、これからも甘々な両親におやつをもらったり、ちょろい母のスキを盗んでおかずを盗み食いしたりするのでしょう。

一応、病院で買っている満腹サポートのフードのおかげで、これでも少しはやせたらしいんですけどね。



ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

ソフトを読み込ませないとデジカメで撮った写真がパソコンに取り込めない。

めんどくさいのでやってないと写真はスマホでばっかり撮ってしまう。

お手軽でいいんだけど、(安さに惹かれて買ったスマホなので)画像が荒いし、動きが速いとブレブレ。

縛りがまだ1年半あるけど、早く買い替えたくて仕方ないっ!!


スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

小さなことも見逃してはいけません

昨日くーちゃんを連れて病院に行ってきました。

前日の朝、小刻みに体を震わせてご飯を食べなかったんです。

お昼ご飯からは普通に食べてくれたので、フードに飽きたのか?ヒートの時期からして(ちょっと遅いような気もするけど)想像妊娠で食欲が落ちたのか?
でも、実際妊娠した時食欲は落ちなかったけどな~。

っと、軽く考えていたら、昨日も朝ご飯を食べませんでした。

そういえば、なんとなく元気もないように見えるし、相変わらず体を小刻みに震わせています。

お腹がぐるぐる鳴ってるようでもあり、胃腸炎かな?

でも、外で物音がしたら真っ先に吠えて走り回ってるので、大丈夫かな?

でも、ここ2~3か月前から時々こんな症状があったので気にはなっていました。

お昼ご飯も食べなかったら病院に行こう!!

と、決めて様子を見ていましたが…、

案の定、お昼ご飯も食べなかったので、午後イチの診察時間に着くように出掛けました。

お出掛けと勘違いして大喜びのくーちゃん。

1827


には申し訳ないけど、病院です。

1827


いつもは午後の診察開始の3時前には始まっているのに、今日は手術が長引いていたので、しばらく待ちました。


体重4.35キロ、熱は39.2℃

まずは血液検査の血液を抜かれて、その結果待ち。

1827


丁度患畜さんがいなくなった頃結果が出てきましたが、その数値を見て思わずうそっ!!と叫んでしまいました。

それほど基準値から遠く離れた数字が出ていたのです。

リパーゼという数値が半端なく高い。
あと、アミラーゼも…。(T-T)

1827


膵炎をおこしていたようです。


くーまま、またやっちゃいました。

くーちゃんの異変を何度か目にしてて、気付いてやることが出来ませんでした。

「嘔吐しなかった?下痢は?」

って聞かれましたが、嘔吐も無ければ今日もいいうんちでした。

「脂肪分の高い食べ物あげた?フードを変えたとか?」

フードは今までと同じで、ここ数年変えていません。因みに我が家はシュプレモとオリジンを半々であげてます。

おやつは毎日あげてましたけど…。

「おやつも結構脂肪分が高いからね」

そうですよね。 
以前も、何度も、そのお話は伺っていますが、本当に学習しない飼い主で申し訳ない。


エコーでくーちゃんのお腹を診る先生に、治りますか?大丈夫ですか?と詰め寄ったくーままに、「ん~、今日と明日まで絶食ね」と言われ、いつもの曖昧な微笑みで返されてしまいました。

「もっと酷いと血便になったり、白血球がぐんと上がったりするからね」って慰めの言葉ともとれるお言葉いただきました。

が、くーちゃんに申し訳なくてよかったとは思えません。

1827


このあと点滴をしてもらって、なにやら薬液を2本注入され、診察は終了。

明日まで絶食させて、消火器サポートのフードを食べさせて、と言われましたが、

それってロイヤルカナンですよね~。
以前ロイヤルカナンをあげてうんちが柔くなったんですけど~。

って言ったけど、これは脂肪分が少ないから大丈夫ってやけに自信満々に言われたので信じます!


後お薬が朝晩2回6日分。
先生が割ってくれたから、なんのお薬か分からないけど。(^-^;)


1827


とにかくこれからくーちゃんが食べられるフードはこれしかなくなる、かもなので食べてもらわなきゃ。

家に帰ると少し元気になったように見えたくーちゃん。

昨日のご飯の時はくーぱぱが抱っこで外に連れ出してくれました。

外に行けるので大喜びで抱っこされて行ってたくーちゃんですが、今朝は何かおかしいと気付いたのか、顔が憮然としてる。(-_-;)

1827


もうちょっとの我慢だから、辛抱してね。

1827



何か、最近、やたらくーちゃんが可愛くなったからちょっと心配してたんだよね~。

1827


福ちゃんも病気が発症する前ちょっと可愛くなったから。

うちのこ、可愛くなったら要注意という、残念な子達なんです。( ̄▽ ̄;)


ご飯を食べてると何かくださいって見上げてくるくーちゃん。

切ないです。

1827

切ないとか言いながら、くーままはちゃっかりご飯食べてますけどね。( ̄▽ ̄;)

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

リビングにダニがいたー!!

一昨日の夜10時過ぎ、寝る前にトイレシートを
替えておこうとリビングの床を見れば黒い点。

あー、カメムシの小さいやつだと
ガムテに張り付けて封印しようとしたら
いつものカメムシとちょっと違うぞ、

っと、よくよく見れば、
黒く膨らんだ胴体の先っぽに
細い糸みたいな脚がうごめいてて・・・。


コレって、コレって、ダニじゃね!?


血を満タンにすってるので
体がパンパンに膨らんでるみたいだし。

で、ダニだと思うけど確認の為に、
潰しちゃったら血がブシュッと出て、
あぁ、こりゃ間違いないってことになって。

今から寝ようという夜の10時過ぎに
大変なものを見つけてしまって、
それからが大騒ぎ。


潰したダニ、見ます?

小さめに載せときますので
苦手な方はぐるっとスクロールをお願いします。







1794









血を吸ったダニがいたということは、
誰かが吸われていたことになる訳だけど
今更分からない。

どうしたもんか・・・、
とか言ってる場合じゃなくて、

他にまだついてるかもしれないので、
それから4匹体のチェックを始めました。

くーちゃんと福ちゃんはおパンツカットにしようと
お尻のところの毛を伸ばしてたけど
それもバッサリカット。

みんなあらあらバリカンで体を刈り上げて
ベッドのマットから布団全部交換して
それからまさかのシャンプーしました。

洗いながら、体全体を触りまくってチェックしたけど
ダニらしき物は見つけられず。

始めたのが11時半頃で、
4匹のドライが終了したのが翌日の2時過ぎでした。

4月から仕事始めの2号と3号が
ふたりで乾かしてくれたのですごく助かった。
くーぱぱは翌日仕事の為、就寝してもらいました。



ダニは怖いと思い込んでいたので、
翌日は朝一で4匹病院だー!!っと

意気込んで、翌朝いつものように朝一番で
病院に電話したら、「まぁ、大丈夫」
と言われて拍子抜け。

え?連れて行かなくていいんですか?
と確認するくーままに、取りあえず様子見ててね
と言われました。

そういわれると、ちょっと落ち着いたので
改めて昨日のカットの続きをと豆助をカットしてて
後ろ足の腿の内側に赤いぽっち発見!!

あぁ、コレは!!もしかして!?


1794


ダニに食われた(らしい)被害者が判明したし、
赤いぽっちも気になるので、
来なくてもいいと言われたけど、
病院行きました。(くーまま、あるある)


豆助ひとり車に乗せるのは初めてだったので
どうなるかと思ったけど、コレがお利口さんに
助手席にポチンと座ってました。

信号停車時に撮りました。

1794


ちょっと不安げな顔。

1794


ずっとこんな感じで、

1794


不安げな顔でくーままを見つめてくる豆助。

せつない・・・。

1794



病院の駐車場について、緊張マックスな豆助。

1794


この後、赤くぽちっとしたところを見てもらったけど
多分ダニかな?と言われて、
軟膏を塗られていました。

病気が一番心配でしたが、
この辺りのダニはそう心配することはない、
と言われて、ちょっと安心しましたが、

くーままがぐずぐず言うので
じゃ、ダニ除けのお薬やっとく?と聞かれ
首筋にぽたぽたと垂らしてもらいました。

今回は『マイフリーガードα』


以前フロントラインをしたら
豆助がぐりぐり背中を床にこすりつけて嫌がったけど
今回は大丈夫でした。

1794


豆助、がんばったね。

1794



残りの3匹分も購入してお家でぽたぽた。

今回は大ちゃんがお布団の上で
ぐりぐりやってたけど、
心配した福ちゃんはケロリとしてました。

1794



なんで家の中にダニがいたか?

我が家は、ほぼほぼ外には出さないし
テラスにも覆いかぶさった庭木はない。

でも、ダニは庭の草木とか、どこにでもいるから
もしかして、テラスをダニがよじ登って来たとか?

家族が庭や畑から連れて来たとか?

原因を考えだしたら色々ありすぎて
田舎だからってだけではなさそうなので、
コレはもう予防しかないのか、と。

出来れば薬はあんまり使いたくないけど、
幸い福ちゃんも大丈夫そうだったし。

取りあえずシャンプーの回数も増やして
様子見です。


早くもダニが出始めたようですので
皆様もどうかお気を付けくださいね。



ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

今日は一日、
ストーブのスイッチを切れない
冷え込んだ一日でした。

暖かくなってからの冷え込みは
体に応えますね。

体調を崩されないよう
気を付けてお過ごしください。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

今年初めての病院は、問題児の大ちゃん

2月27日、月曜日の朝。

かなりモフってきてるので、少しカットするか?
じゃ、誰からいくかな?って考えた時、

一番デカイ大ちゃんだと、
これから多少寒くなっても大丈夫っぽい、
ってことでチョイスしました。

お尻の方からバリカンかけたり、
はさみでカットしてると
左の太腿のあたりに、ぷくりとしたおでき発見。


少し前、大ちゃんをモフモフしていた息子が
ここにイボみたいなものがある、
って見つけてくれた物です。

その時に触っていたけど、
(くーまま的に)かなり大きくなった気がしたので

まぁ、例えて言うなら小豆粒くらいのが
大豆くらいの大きさになっただけですが


病院行きまーす!!


仕事が休みだったので
確定申告に出かけたくーぱぱも
丁度帰って来たので一緒に行きました。


ドッグランに行って、お腹を壊して、
前回、最後に病院に行ったのも大ちゃん。

原因不明で結構アレコレ検査してもらって、
『祭日(23日)も、またまた病院なり』

(アレコレされたからだとも思うけど・・・)
先生の手を噛んで、その時以来です。

申し訳なくて、気おくれしてるってか、
お会いするのが調子悪いって言うか・・・。



でも、今回は大丈夫!!

秘密兵器がありますから。


たらららったた~~~~ん♪

ハイっ!!アヒル口。正式名称「クァック」

1770



以前ドッグフェスタの時のくじ引きで当たったけど
くーちゃんにはサイズが大きくて
デッドストックになってたもの。

取っててよかった・・・。(しみじみ)


今回は診察の前にこれを装着です。

1770



看護師のお姉さんに大うけ。

1770



その節は、どうもすいませんでした、と
診察室に入って言うくーままに
大ちゃんを見た先生も大うけ。

(よかった・・・)くーまま心の声。

コレしてるとおとなしいね~って
先生大喜び。

(気持ち、ちょっと複雑)


そして、診てもらったところ、
悪いものではなくて、
多分、中に脂肪がたまって出来てるんだと思う、

・・・ということで、
注射針を刺して押されると
確かに中から白い脂肪みたいなものが
むにゅむにゅと出てきました。

皮膚の下に脂肪がたまって排出されず
腫れてくる体質のこがいるらしいです。

原因は不明、
だけど、遺伝の可能性が高いらしい。


じょりじょり毛を剃られて、針で刺されて
最後に化膿止めの注射をされた大ちゃん。

大したことがなくてよかったです。


アヒル口から解放された大ちゃん。

1770


おじいちゃんみたいにショボショボ。

1770


疲れ切ってました。イケワン台無し。

1770



その後、日の当たるところで日光浴。
お日様で消毒してました。

1770



この日の夕方から、
朝晩半錠で、お薬5日分出ました。

1770


傷口も大したことなくて、すぐにふさがりそうです。

傷口の写真です。
小さめにしてますが、苦手な方は、
一気にスクロールしてくださいね。







1770





お天気が良かったので、
テラスから我が家の梅のお花見。

1770



すっかり元気です、ってか、
元々おできが出来ただけなので、
元気でしたけど。


煙草を吸いにテラスから外に出るくーぱぱ、

1770



監視する見送るくーちゃんと大ちゃん、
と、柵の下に潜り込んでた豆助。

1770



残念なのは、カットの途中で見つけたので
お尻から上がモフったまんまで、へんてこです。

それと、今回も傷口を直剃りされて、はげました。

1770



まぁ、へんてこなとこは、
またぼちぼちカットするし、

はげたところも、
そのうち生えてくるでしょうし。


なんてったって、健康が一番ですからね。

1770




ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

掃除機をかけていて
目が行き届いていなかったくーまま。

そんなくーままの前に、
靴下をくわえてきてポトリ。

福ちゃんがよく洗濯物から
靴下を運んできてカミカミしてたけど
くーままがあまりに気づかないので、
わざわざ目の前に持ってきたらしい。

こいつ、確信犯だな。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

祭日(23日)も、またまた病院なり

22日、病院から帰って、お水も飲まない
元気もない、もちろんご飯も食べない大ちゃん。

朝晩飲んでいた吐き気止めの薬は、中止になりました。

夜はいつものようにみんなベッドでご就寝。


翌朝の調子はどうかな?と思いつつ
中々動かないので、どうしようか?
と思っていたところに、いきなりのリバース。


前日は一切食べてないので、
これは21日の朝の分ということになります。
量的にもそのくらいかと。

で、色が全体的に濃い緑色に染まっていました。


こっ、これはっ!?


祭日ですが、一応病院に電話したら
10時くらいに診てもらえるということで
またまた病院に向かいました。

1723


くーぱぱに抱っこされてても、
どよよ~~~んなお顔です。

1723


体温39.5度。
ええっ!?さすがに高すぎる。

また来るまでに興奮したかな?と言われて、

そういえば~、今日は出かける準備に手間取って
わんわん大騒ぎしてました。


体重6,2キロ、また100グラム減りました。

食べてないから仕方ないし、
まぁ、1週間くらいは
食べなくても大丈夫だそうです。

それはそれで、くーままの心が持たないけど。


そしていつもの血液検査。

1723


の結果も前日とそう変わることなく、異状なし。

1723



で、相変わらずお腹モミモミしながら、
首をひねる先生。


なんだろうね~?

なんでしょうね~?


とお互いオウム返しのような問答が繰り返されて、


くーちゃんは石大好きだから怪しいけど
大ちゃんは石には一切興味がないみたいなので
飲んだってことはないと思いますけど・・・。



取りあえずもう一回
レントゲンを撮ってみるかな?

って、抱えていこうとする先生がこの日は、

この子、噛まない?って聞きました。

先生も何か感じるところがあったようです。

ビビりですから、噛むかも~、
なんて会話をしたあと、
バタバタと戻ってきた先生と大ちゃん。

噛みましたか!?

いや、大丈夫、
って言われたので安心してたんですけどね。

バレバレな結果は、後程・・・。



レントゲンを見ながら、
昨日よりは黒いところが減ってるから
ガスは確実に抜けてきてるんだけどね~。

腸のところどころに見える
黒いもやもやが気になるようでした。


うーーーん?と首をひねりながら、


そういえば、以前・・・、
ドーベルマンがとげとげの葉っぱを食べて
元気がなくなって丁度こんな具合に
なったことがあったんだよね~。


っという、その先生の言葉に
くーままひらめくものがありました。


あ、あ、あ、ありましたー!!
とげとげの付いた草!!


食べたかどうかは定かではないけど
ドッグランに確かにすくっと生えてました。


そのドーベルマンは2,3日してその草が出たら
ウソみたいに元気になったそうです。

先生と顔を見合わせて、
そ・れ・か・も~~~~~。


ちょっと、ほっとしました。


ほっとして先生の手元を見たら、
指の根元からうっすら血がにじんでました。

そっ、それは!?

やっぱり噛んだんですね?そうですね?
す、すいません・・・ごめんなさい。
大ちゃんに変わって、くーまま平謝り。

先生は慣れてるし、かすっただけだから
気にしないでって言ってくれたけど
申し訳なくて・・・。


次からは、アヒル口装着で行こうと思います。


23日は祭日でお休みのはずでしたが、
大ちゃんが行った時点で、
すでに患畜さんがおひとり。

その後も次々来られて、
お休みなんだかどうなんだか。

治療を受ける側にしたら嬉しい事ですが、
先生には無理しないように、末ながーく
頑張ってもらいたいと願うくーままなのです。

って、くーままんちが一番迷惑かけてるかも。


その後点滴してもらって、
随分元気になった大ちゃん。

嬉しかったので、
帰りの車の中でバシャバシャ写真撮ってたら、

1723

1723

1723

1723


最後はちょっと睨まれました。

1723



どうやら原因が分かってひと安心です。

家に帰っても今までより元気に見えたし、
久しぶりにご飯も食べてくれて、
我が家もやっと通常運転に戻れそうです。


ごはんに食いつく大ちゃん。

今までは、クレートに入ろうとさえしなかったんです。

1723


まずはいつも食べてる量の半分だけど
がっついて完食。

そうそう、大ちゃんはこうでなきゃね。

1723



夕方小さいう○ちをしましたが、
何やら草が発酵したようなにおいが・・・。

どんだけ草食ったんだ!?ってことみたいです。


お騒がせして、本当にすいませんでした。



本日朝からいつものように
くーちゃんにちょっかいをかけて怒られて
ごはんも元気に完食して、

ここ数日くーぱぱにめっちゃ甘やかされたので
何だか得意げな顔の大ちゃん。

1723



ご心配いただいた皆様
ありがとうございました。


あとは、とげとげの草がう○ちから
スコーンと出てくれるのを願うばかり。


皆様のお家のわんこも
草の食べ過ぎにはご注意くださいね。

特にとげとげの付いた草は、要注意!!



※年末なので、コメント欄閉めてます。





ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

23日は佐賀牛につられた息子1号が
荷物を取りに戻りがてら帰省する予定でした。

忙しい中やっと取れた休日に
モフモフするのを楽しみにしていたのに、

こんな状態なので気を使って
今回の帰省は見送ってくれました。

代わりに荷物は息子2号に託し、
博多で久しぶりの兄弟水入らずで食事でもと送り出し、
いつものチーズタルトをお土産にもらいました。

袋と箱がクリスマスバージョンになってました。

1723


お正月も自宅待機で帰省できない息子1号。
がんばれー!!

そして、ありがとうー!
今回も美味しかったよ、ごちそうさまでしたー!!

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット