FC2ブログ
2014/03/29

「えひめあやめ」を見に行った訳

時々、くーままには重要な任務が課せられます。


それは!!


実家の両親が留守の時の、ジャッキーのご飯です。


くーままの両親ですから、もう結構な年です。

なので、時間にすごく正確です。
もとい、父のみメチャクチャ正確です。

ジャッキーは父と寝てますので、
もとい、クレートの隣に布団を敷いて寝ています ので、
毎朝6時キッカリに起床です。

父が起きるまでは、クレートの中で待ってるそうです。

で、判で押したように正確な時間に朝ごはん。

勿論、お昼は12時に食べます。

今日は両親共法事で出かけてるので、
12時にご飯を食べさせるために実家に行きます。


100メーターくらいですから、近いもんですが、
(たかだか)10グラムの為にくーままは、実家まで歩きます。

いつも心の中では、これって食べさせないとダメなの?って
自問自答していますが、お昼御飯を抜かれるなんて
自分達に置き換えて考えたら
虐待されてるような気分になるんでしょう。

ダメ!!らしいです。


実家について、鍵を開けてもワンともスンとも吠えません。

基本すごいへたれ犬です。
留守番してても、泥棒よけにはならないかもりません。


957


大体いつもじいちゃんのマッサージチェアに乗って
両親が帰ってくるのを待ってるみたいです。

こんなとこは、なにげに可愛い。


で、 ご飯を食べ終わると、もうくーままに用は無いそうです。

957


目を合わせようともしません。

957


多分、じいちゃんのにほいに囲まれて、
両親が帰ってくるまで待ってるんでしょう。

957


この、ずっと待ってて寂しかったんだよ~、みたいな、
とぼけた顔で年寄り二人を悩殺してるんでしょうね。


957


で、今が一番きれいだから見にこいと言われていた
えひめあやめを見て帰りました。

草丈が10~15センチ、
花の直径が4センチほどの小さなアヤメです。

957


くーままが住む地域が南限地らしく、
絶滅の危機にあった事もあって
今では町を上げて保護活動をされています。

丁度、昨日から「えひめあやめまつり」も始まりました。

大きさの比較にくーままの指と写してみました。

957


国の天然記念物なので、
自生地以外に持ち帰ることは出来ません。

この株は保存会の方に種を頂いて、父が育てたもの。
丹精込めて育てたからこそ、自宅で見れる贅沢です。

今年も、きれいに咲いてくれて、ありがとう。

957



予報通り今日から佐賀は雨降りです。
桜、散っちゃうかな?

暖かいのか、寒いのか、分からない気候です。
体調を崩されないよう、ご注意ください。

ブログ村に参加しています。
ポチっと応援して頂けると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2014/03/29

千葉本八幡 「こだわりもん 一家」

実はもうちょっと旅行の続きが残っています。

わんこのブログと並行しながら
アップしていこうと思いますので
興味のない方は、ぐりぐりっとマウススクロールして
ぶっ飛ばしちゃってくださいね~。


3月15日(土)

ようやっと戻り着いた頃には、日も暮れようとする頃。

車から降りたら、背中と腰がバキバキです。


しばらく休んでから、お昼を食いっぱぐれてるので夕食へ。

主に千葉に店舗がある和風居酒屋さんみたいです。

fc2blog_2014031606254586e.jpg



調理場にぐるりとカウンターをめぐらしてあって
料理を作るところも一種のパフォーマンス?

若くて活きがいいお兄ちゃんたちが
お料理している所を見ながら
食べたり飲んだりも、おつなものです。


まずは、先付けの大根の煮物と今夜は日本酒。

955

山形の「くどきじょうず・ばくれん」、名前がいいね~。
全国の特約店でも約10店舗しか扱っておらず
(こんな文句によわいおばちゃん)
超辛口で品のいい吟醸酒。
その通りでございました。

他にも「ど辛」とか超辛口とか、
東北の美味しそうな日本酒揃ってました。


クリームチーズの西京漬け

食べた後に、ほんのり味噌が香る、お酒を選ばない一品です。

955


選べるお刺身3点盛り
その日の仕入れによって、何点かのお魚から選べます。

ヒラメとカンパチ?ブリ?だったかな、
と、この日のお勧めのトビウオ。

土佐醤油か、刺身醤油でどうぞって言われましたが、
この土佐醤油はこちらの自家製。

御利用の際は、ぜひこちらをお勧めします。

955


地鶏のたたき 霧島にんにく醤油

955


鶏肉の半生? 
やだ、それ頼んじゃう?!って思いましたが
一口食べて、反省しました。

うまい!!

こんがりと炭火で表面を炙ってあって
鶏肉臭さはゼロ。

九州の甘口醤油がまた合うんだ~。

955



こちらのお店、醤油にはこだわりがあるようで
出される料理ごとに、合わせる醤油が変わります。

955



さすが醤油生産量日本一の千葉、ブラボー!!
(↑昨日テレビを見てたら、そう言ってました)


温泉玉子とベーコンのサラダ

これ説明はいらないでしょ。もちろん、グー!!

955


カウンターにこんなの乗ってたら頼むよね~。

955

出汁巻き玉子

息子もくーぱぱに負けず劣らず玉子好き

955



蓮根チップス

合間合間につまむのに最適です。

955


北海道・活帆立のバター焼き

ありゃ、貝がらが主役みたいに写ってる…。

955


真鱈白子の春巻き

中の白子がとろ~りととろけて、えもいえぬ美味しさ。
もう一回、食べた~い!!

もちろん、こちらもこだわりの梅醤油で食べる~。

955

そろそろ〆のご飯。

ご飯好きなところも、くーぱぱ似。


土鍋で炊いた鯛飯のお茶漬け(息子)

955

そのまま食べても、だしをかけても絶品。

手前に写ってるごまみそが、更に絶品。

これで、おちゃけ飲んだら、最高だと思います。


銀シャリ一膳飯 (くーまま)

955


一粒一粒がしっかりした歯ごたえがあって、
ご飯だけでも十分美味しい。

そこに、孔雀玉子の卵かけごはん。
そりゃ、たまらんでしょ。

ここでもこだわりのしょうゆ2種類。
「たまごかけごはん用」と「うに醤油」


「うに醤油」をかけたら、
ほんとに「うにご飯」みたいなお味になります。


玉子の中のつぶつぶが、
うにだぞー!!って主張してます。

この醤油、買いです!!

955


だらだら続いて。ごめんなさい。

くーままの記録ですから、
気にせず読み飛ばしてくださいね~。

なので、まだ続く。