暑い日にありがたいミストシャワーです

中々お出かけってしないもんで
久しぶりの吉野ケ里公園のお出かけ
引っ張ってます。



西入り口の先に見えていたバラのアーチには、
モッコウバラが咲いていました。

そして、霧の彼方から歩いてくる
くーちゃんと豆大福+くーぱぱ。

1808



暑い日にありがたいミストシャワーが出ています。

1808



この時、くーままの頭の中は
『Gメン’75』のテーマソングが流れていました。

1808



アッチュー間に通り過ぎたので、
福ちゃんが見切れてますが、みんな楽しそうです♪

1808



福ちゃんが写ってなかったので、
引き返してもう一枚。

1808



今度は大ちゃんがブルブル。

みんな写ってるから、まぁいいか。

1808



西入り口に戻ってお散歩の続きを、と思っていたら
団体さんが来たので横で待ちます。

色んな年代の子供がいたから、子供クラブの行事かな~。
今となっては懐かしい。


1808



そんな中、可愛いお嬢さん達に
『いい子いい子』してもらった豆助と福ちゃん。

孫がいたらこんな感じ?
う、うらやまし・・・くなんかないぞ。


1808



子供たちに可愛いって言ってもらえて
ご機嫌なくーままとくーちゃんと
豆大福+くーぱぱの散歩は続く。

1808





ご訪問ありがとうございました♪

ぽちっと応援していただけると嬉しいです。


にほんブログ村

またまたご無沙汰してしまいました。

4月の初めに母が入院して、やっと退院したかと思ったら
今度は父に病気が見つかり、バタバタしていました。

母と違って人間ドッグは毎年欠かさず
具合が悪いとすぐに病院に行く父だったのに
まさに青天のへきれきのような病気の告知。

そうこうしている間にまたまた心労からか、
母の具合が悪くなり、今度は心臓に異常が見つかり
まだ先ですが、手術をしてもらうことになりました。

父の場合、高齢でもあるし、肥満体形の為
手術をためらうところもあって、
5わんことMちゃん(一番下の妹)が
福岡の病院にセカンドオピニオンに
行ってくれることになってました。

その直前、前日の検査疲れで
またまた母の具合が悪くなって早朝に病院受診。

そちらは私が連れて行ったのですが、
おかげ様で急を要するような状態ではなく、
帰って朝ご飯を食べていたら、

今度は息子3号から電話で、
片方の肺がつぶれてるから、大きい病院に行ってくれ、
と言われたって電話が入りました。

胸の痛みと息苦しさは、
日曜の夜からあったらしいのですが、

月曜は痛いと言いながら仕事に行き、
さすがに次の日は我慢できずに
この日息子も病院を受診していたのです。

呪われてる!?

さっき帰って来たばかりの病院に
息子を連れて行ったら緊急入院。

二度あることは三度ある!?

で、息子はそのまま肋骨の間から
ドレーンと呼ばれるチューブを差し込まれて
肺の中の空気を抜く処置をしてもらいました。

なんでも、20代から30代の
背が高くて痩せてる男性に多いらしい。

それほど背は高くないのですが、とにかく痩せてます。
よくイカの一夜干しのようだとからかっていました。

片方の肺が完全にしぼんでいたので、
常に登山をしているような息苦しさがあったと思います。

にもかかわらず、
ネットに、イケメン病って書いてある
って嬉しそうだったアホな息子。
※息子3号はイケメンではありません。

背中からチューブが伸びてる姿は
ドラゴンボールのフリーザ様みたいで、
ちょっと笑ってしまう。

態勢を変えたり、ちょっと動いただけでも
胸を押さえて苦しそうです。

こんなに痛いもんなんですか?
心配性のくーままが看護師さんにお聞きしたら
若い男の子は痛さに弱いですから
皆さんこんなもんですよ~ってことでした。

日頃からビビりな息子、早速痛み止めをもらって、
それでもちょっとしゃべってると
咳き込んだり息苦しそうでした。

それでも翌日には息苦しさが随分改善したそうです。

父の方もいい治療法を提示していただいたようで、
表情が明るくなって前向きな姿勢になってきたようです。

本人が納得のいく治療を受けられるのが一番ですから
私たちもこれでちょっと安心しました。

まるで天中殺のようだった4月が去って、
怒涛の5月も半ばとなりました。

6月の初めには両親にとって
初めての孫の披露宴があります。

当初出席は無理と思われていた父も
その日に合わせて治療を開始してもらえることになり
ちょっといい感じになってきています。

このまま悪い気を吹き飛ばす勢いで頑張ろうと思います。


前向きが大事!!

スポンサーサイト

テーマ : ワンコとお出かけ - ジャンル : ペット