fc2ブログ
2024/01/31

素敵便が届いた時の豆大福♪ 12月8日 

(1月も今日で終わりだというのに)くーままのブログは、やっと12月の記録に入りました。
そんなチンタラなブログですが、ご訪問下さりありがとうございます♪


以前にご紹介した素敵便ですが、その時頂いた「ル・レクチェ」をずらっと並べた時の豆大福の様子を撮っていたのでその続きデス。

並べるやいなや「ル・レクチェ」に食い付いた豆大福。
クンスカが激しいけど、それもそのはず。
3124

ビニールに包まれているというのに、ネットの外にまであふれるいい香り。
3124

豆助、大ちゃんの前に置かれた「ル・レクチェ」にグイグイ。
一瞬顔を外した大ちゃんでしたが・・・。
3124

負けじと豆助の前の「ル・レクチェ」をクンクン。
豆助も負けまいと「ル・レクチェ」ペロってます。
3124

大ちゃん、グイグイ。
更に、福ちゃんにグイっと来られて挟まれた豆助。
3124

結局はじき出されて、遠巻きに眺めています。(^▽^;)
3124

遂に福ちゃんの前に置かれた「ル・レクチェ」を嗅ぎだした大ちゃん。
最後はやっぱりデカい大ちゃんのひとり勝ち~♪
3124

この後、美味しくいただきました。

もちろん、くーちゃんと豆大福にもおすそ分けさせてもらいましたよ。

Akiさん、おごちそうさまでした~♪



ご訪問ありがとうございました♪

スポンサーサイト



2024/01/28

福ちゃん通院備忘録  1月27日 

やっと12月の記録に入るところですが、今回は病院に行った記録なのでリアル更新です。

去年の年末からジャッキーの不調でバタバタして、落ち着いたと思った頃、今度は父の調子が悪くなり落ち着かない日々。

その後、父が回復したかと思ったらまたジャッキーの調子が悪くなってバタバタな日が続き、我が家が病院へ行くタイミングが難しくていつ行こうかと思っていました。

行くのが福ちゃんなのでちょっと気が重くて、早く行かなければと思いつつ、中々腰が上がらなかったというのもあります。

やっと父もジャッキーも落ち着いたので、さすがにもう行かないといけないなと、重ーいお尻をあげて行ってきました。

待合室で抱っこの福ちゃん
3123


我が家が受診するのは久しぶりですが、年末から病院には何度も行ってたので「久しぶりの感じがしませんね~」って看護師さんにも言われて、くーままも激しく同意。

まずは体重測定、今回は3.25キロ。

洋服を脱がせたら、「また禿げた?(だったか)薄くなった?」って先生に言われてしまったが、実際そうなので「ですよね」と苦笑いの同意。

お尻の辺りは毛が無くなって、背中もかなり薄くなりました。
でも、めっちゃ元気で食欲旺盛です。

まずは子宮のエコーをされましたが、子宮に悪いところは無いんだよね~みたいなことを言われ、ちょっと安心。

くーちゃんの時は子宮に異常があるようなことを言われて、手術を勧められてるような?そうでもないような?感じだったので、しばらく様子見をしていたら、全体的に薄毛になって来て、なんとなく元気がなくなって・・・という過程で、手術に踏み切りました。

子宮はかなりひどい状態になっていて、かなり辛かっただろうと、先延ばしにした自分に腹が立ちましたが、手術に踏み切る確たる診断が出なかったもんで、見過ごしてしまいました。

くーちゃんには申し訳なかったけど、先生が大丈夫と言ってくれたのが救いでした。

お陰様で、その後は薄くなっていた毛が復活して、元気も復活。

福ちゃんもそんな感じなのかなと思っていたけど、どうやら薄毛というか抜け毛は子宮からの物ではないようです。

肝心の乳腺の腫瘍は、相変わらずぷっくりしたまま微妙に大きくなったような気がします。

他にも何カ所かポチポチした腫瘍があるけど、この子は出来やすい体質みたいだねと言われ、肝心の手術は3~4月くらいでいいでしょうと言われ、思わず「え?!すぐじゃなくていいんですか?」と何度も聞き返してしまいました。

1月~2月の間と聞いていたので、この日は手術日を決めてもらう勢いで行ってたのが、まだ痛い思いをしなくていいんだと思う気持ち半分、ほんとに大丈夫だろうかという不安半分の中途半端な気持ちでの帰宅となりました。

帰りの車中でくーぱぱに「どう思う?」って聞いてみたら「先生が最も気にしていたのは子宮の方みたいだったから、乳腺の方はまだ大丈夫ってことじゃない?」って言われて、なるほどとちょっと納得できました。

でもお腹を見るたびに、ぷくっとしたしこりが真っ先に目に入るので、当分はもやもやした気持ちで過ごすことになりそうなくーままです。

ということで、福ちゃんは春まで経過観察ということになりました。

う~ん、気持ち複雑。(^▽^;)


この写真を見て、ボサボサのまま連れてきてしまったことを激しく後悔しています。
3123





ご訪問ありがとうございました♪

2024/01/27

レモングラスで犬じゃらし♪ 11月30日 

刈り取ったレモングラスを束にして「犬じゃらし」遊び♪



豆助は(私がフリフリするのが下手過ぎて)ビビって逃げてるけど、大ちゃんは食いついてます。

フリフリする度、辺りに爽やかなハーブとレモンの香りが漂っていい香り。

改めて見たら、大ちゃんの目に入るんじゃないかと我ながらヒヤヒヤ。
楽しかったけど、もうちょっとゆっくり動かしてあげないとダメですね。

せっかちな性格がよく表れています。(^▽^;)




ご訪問ありがとうございました♪

今月の「ふるさと会」はりんご。

最初チョイスしていたりんごは弘前地域産限定の蜜入りでしたが、収穫数が確保できないので同等のりんごに変更になりました。
(もし、気に入らなければキャンセルも出来ます、という連絡は事前にもらっています)

蜜は入ってなかったけど、みずみずしくて甘い美味しいりんごでした。
3122

ちょっと前までえらくりんごが高かったけど、今月はりんごが届く~♪と楽しみにしていた。

が、今日スーパーに行ったら以前の半額ほどの値段になっていた。○| ̄|_

安くなった頃に届いたので、ありがたみが半減したわー。

2024/01/26

ぺろんちょ♪(ジャッキー顛末記・追記) 11月29日 

そろそろ晩ご飯の準備を始めなきゃという頃。

振り返ると可愛いくーちゃん。

スマホを構えたらぺろんちょ♪
3121

その後、いつもなら目をそらされるけど『撮っていいわよ』とでもいうようにポージング♪
3121

どっちも可愛い♪・・・と、ウハウハな写真が撮れました。(´艸`*)←お(や)バカでーす。


ジャッキー顛末記 追記

昨日、またジャッキーが体調を崩して病院に行きました。

朝早くから先生が対応してくださったので、何とか持ち直すことが出来ましたが極限まで大きくなっていると思われるジャッキーの心臓は、酸素室なしではかなり厳しい状況だと思われるので再度酸素室のレンタルをすることにしました。

ネットで買える酸素発生器のことも話してみましたが、(当然こう言われると思ってはいたけど)やはりきちんと管理された医療用の機器が安心だろうとの見解だったので、もう勿体ないとか言ってられません。

丁度新型の機器が戻って来たばかりとのことだったので、そこはラッキーだったと思います。

ジャッキーを一時預かりしてもらっている間に酸素室を借りに行って設置して、準備万端でお迎えに行ったけど、ぐっすり寝てて起こすのが忍びないと言われたので夕方再度お迎えに行くことになりました。

が、帰宅したら父が「どうせなら一晩預かってほしい」と言い出したので病院に聞いて、急遽入院の運びとなりました。

本日迎えに行ったけど、また爆睡してて「よっぽど眠ってなかったんだろうね~」って言われると無下に起こすのもかわいそうで、またまた夕方のお迎えになりました。○| ̄|_

ジャッキー、お迎えの時は起きてくれー!!

あ、おかげさまで持ち直したみたいなのでご心配なくデス。



ご訪問ありがとうございました♪

火曜に降り始めた雪は、翌朝(水曜)は綿帽子を被ったみたいになっていました。
3121

が、その後天気が回復したのであらかた解け始め、木曜にはジャッキーの病院や酸素室のレンタルに車で移動するのに不便なことはありませんでしたが、酸素室を借りに行った市内は完全に雪は無くなっていました。

が、くーままんち方面へ戻るにつれて(うちも市内ではあるけど)あちらこちらに解け残った雪が見られ、やっぱり市内より少ーしではあるけど標高が高いんだなぁって実感です。

2024/01/23

2023年最後のフィララリアの日♪ その3(福子) 11月19日 

いよいよラストを飾るのは福ちゃん、ここまでお利口さんに待てました♪
くーちゃんと大豆コンビは床をクンスカしていますが、何も落ちていませんよ。(´艸`*)
3119

待ってるお顔は可愛かったけど、獲物(フィラリアの薬)を狙う時はおブスになります。(´艸`*)
3119

『いったらきまぁ~す♪』
3119

『んふ♪』
3119

『美味しい~♪』
3119

『あぁ、美味しい♪』
福ちゃん、いい笑顔です。
3119

福ちゃんが美味しくいただいてる間、ずっと大ちゃんが周りをウロウロ。
大ちゃん、かぶってるよーーー。

『邪魔だよ』福ちゃん心の声。
3119

福ちゃんの『うみゃ~い♪』二連発。
3119

『うみゃ~い♪』
3119

『チッ』(大吉邪魔だな。せっかくの美味しいおやつの味が半減しちゃうじゃん)←福ちゃん心の声、再び。
(いやいや、おやつじゃないし)←くーまま心の声。
3119

『邪魔ーーー』・・・とばかりに、目力強めの福ちゃんでした。
3119

大ちゃんに邪魔されながらも、負けずに美味しくお薬頂いた福ちゃん。

それでも大ちゃん最後まで写り込むという、そのチャレンジ精神は買うわ。(´艸`*)


2023年のフィラリアのお薬、くーままんちは今回で終了です。




ご訪問ありがとうございました♪

3時過ぎ、本格的に降り出した雪は30分もすると辺りを白く染めました。
3119

この時間にここまで雪が積もるのは珍しいです。

2024/01/22

2023年最後のフィララリアの日♪ その2(大吉) 11月19日

お待たせしました、大吉くんの番ですよー。

大ちゃんのお顔も『うみゃ~~~い♪』になってます。
3118

『んべ』
3118

『あむあむあむあむ』
3118

くーままが写真を撮りやすいように、かつ、お楽しみの時間が長く続くように。
3118

くーぱぱがチビチビあげてくれるのです。
3118

くーままは大助かりだけど、わんこたちにすれば『いらんことするなー!!』ってとこですかね。(´艸`*)
3118

最期に可愛い大ちゃん、二連発♪
3118

あ~、可愛い♪
3118

さて、最後は福ちゃんですが、案外お利口さんに自分の順番が来るのを待ってるんですよ。

そんなところは、健気です。(´艸`*)




ご訪問ありがとうございました♪


明日は気温がグーッと下がって、天候が崩れ、雪が降る予報です。
てんかん持ちのわんこさんはお気を付けください。

気圧も下がりそうなので、豆助と大ちゃんにはてんかんのお薬飲ませました。

九州でも積雪に気を付けるようにと報道されているので、震災のあった能登方面はいったいどのくらいの雪が降るのか予想だにできません。

どうかこれ以上の被害が出ませんように。

2024/01/21

2023年最後のフィララリアの日♪ その1(くー&豆助) 11月19日 

2023年最後のフィラリアは、前回から1カ月半ほどでの投薬になりました。

お薬を準備しているとくーままに群がっていたみなさんでしたが、くーぱぱにお薬を渡すとあっという間に乗り換えられてしまいました。(^▽^;)

お薬とは言え、美味しいおやつみたいなもんですもんね。
3117

前に回って写真を撮ると、真剣なまなざしでくーぱぱを見つめています。
3117

豆助が食いついてきたけど、まずはくーちゃんからですよ。
3117

はい、どうぞ~♪
3117

くーぱぱがお薬から手を離さないので、食いついたまま立ち上がって・・・。
3117

『はなせ、こんにゃろ』ってところでしょうか。(´艸`*)
3117

立ち上がったので、豆大福に邪魔されずに、ゆっくり味わうことが出来ました。
3117

お待たせ、豆助♪
3117

『うみゃ~い♪』・・・ってお顔が物語っています。
3117


今回珍しく豆助の写真は2枚しか撮っていませんでしたが、この後の大ちゃんと福ちゃんの写真はたくさん撮っていました。

ズラズラアップしようと思ったら(どうしてか分からないけれど)この日の写真はHEICという拡張子になっていて、変換するのに時間がかかって小分けにすることにしました。

もうしばらく同じような記録にお付き合いください。<(_ _)>




ご訪問ありがとうございました♪

2024/01/19

ぴったんこ♪ 11月17日  

バナナロンパースのふたり。

福ちゃん『狭いわね~』とでも言ってるようなお顔ですが、あなたがあとから入り込んだんだよね。
3116

『あ、見られてた』(見てたよ)
3116

ちょっときまり悪そうな顔の福ちゃんとめんど臭そうな顔の豆助。
3116

この後は二匹とも顔をうずめて寝るという。(´艸`*)
3116

スクエアベッドに丸まったバナナロンパースのふたりでした♪
3116


この後起きたら、豆大福くーぱぱのところへ。

変なじいさんが豆助と福ちゃんを抱きしめているようなキモイ構図になっていますが・・・。
3116

大ちゃんは足元で背中もみもみ。
3116

豆助はあざと可愛いてへぺろ、福ちゃんは気まずいのか目線をそらし。
3116

くーちゃんは離れたところの椅子の上で、
3116

『わたしには、関係ないわぁ~』とばかりに、おひとりさまを楽しまれていました。
3116

以前は福ちゃんが絡むのを嫌がってたけど、最近はくーちゃんおひとりさまのことが多い。

くーちゃんと福ちゃん、どっちかが外れるんだよね~。

女子の関係は難しい。(^▽^;)




ご訪問ありがとうございました♪

酸素発生器については、ありがとうございました♪

さすがに一般家庭で使うようなものではないので、お話を伺うことはできませんでしたが、引き続きリサーチは続けたいと思います。

これからもそのような情報を見かけたら、教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。


2024/01/17

ジャッキー顛末記 その8 (酸素発生器について教えてください)

ジャッキーが酸素室を使いだして4日目、くーちゃんと大ちゃんを連れて病院へ行ったんですが、順番待ちをしていると5わんこから驚くような動画がラインで送られてきました。

当日東京の娘のところに行く5わんこが、忙しい中様子を見に来てくれていてササミをゆでて食べさせてくれたようですが、なんとそこには、ササミをがっついているジャッキーの姿写っていましたー!!

あまりに嬉しかったので、先生にも見てもらってー!!とのことで、連絡くれたとのこと。
その動画を見て、沈んでいた私の気分も一気に上がりました。

くーちゃんと大ちゃんの診察が終わる頃、先生にもその動画を見てもらったけど、先生も思わず「おっ!!」と声が漏れるほど喜んでくれました。

その時の動画です。

肺水腫になってからご飯を食べなかったけど、初めて自分から意欲的に食べたジャッキーです。



あー、コレでちょっと安心出来たー!!

その後は、少量のふやかしたフードも一緒に完食したとのことでほっとしました。
でも、今回だけという可能性も無きにしも非ずなので、まだ安心はできませんでした。
3114


ところが、それからのジャッキーは(私の心配も杞憂に終わるほど)ガツガツご飯を食べてくれて、目に見えて元気になりました。

ここからは怒涛の回復力を見せてくれたジャッキー、ありがとーーー!!!!!
そしてコレは、酸素室のおかげでもあると思っています。


1月4日には、ごはんの準備をする両親のもとで、プルプルしながら待つほどになったジャッキー。
その後は待つのももどかしいといった感じで、ガツガツ食べてくれています。

母の「座れ」というコマンドなんてガン無視で、ご飯に食い付いています。(´艸`*)

※音量注意でお願いします。 
 くーままがバリバリの佐賀弁でしゃべります。



足取りもしっかりとなって、自分でお水も飲みに行くようになったし、以前のようにフードもがっついて食べて目力も出てきて、何より咳の回数も以前に比べて減った気がします。

その後ジャッキーは1週間程酸素室で過ごし、たまに外に出てリビングをうろつき、という生活を繰り返すうちに、以前のよう、いや、なんか以前より元気になったような気がします。

年末年始は酸素室に入るのを嫌がるほどになったと聞き、コレで本当に安心が出来たので、5日にレンタルしていた酸素濃縮器はお返しすることにしました。

でも、退院した時点ですぐに酸素室を借りた決断は本当によかったと思います。

初めての息子に溺愛っぷりがスゴイ母。
3114

今は軽くなったけど、以前は6キロほどあったジャッキーを、ずっと抱っこしていました。
3114

酸素室でしばらく過ごしたジャッキーは、以前にもまして元気になったように見えましたが、やはり徐々に咳が出だしている模様です。

またレンタルするか、という話も出ましたが、まだそこまで切迫しているようでもないし、借りてもまたすぐに返却ということになったら勿体ないしと様子見です。

ネットを見ていたら、酸素発生器みたいなものもあって、値段も思っていたほど高くない。(2万円くらい)
ペットに使用されている例も多いし、これならいっそ買ってしまった方がいいかもと考えたり・・・。

皆様の中で使ったことがあるという方や使った話を聞いたことがあるという方がいらっしゃったら、お話を聞かせてもらいたいと思います。

コレにてジャッキー顛末記は終わりますが(くーちゃんも心肥大があるので、もしかしていずれは・・・と思うし)これから増々状況が厳しくなった時のために調べておきたいと思っています。

よかったら、コメント欄でも拍手コメントでも結構ですので、ご存じの方は情報を頂けたらと思います。

よろしくお願いいたします。<(_ _)>




ご訪問ありがとうございました♪

今回は自省の意味も含めて、実家のジャッキーの顛末記書かせてもらいました。
同じような症状のわんこさんの参考になったら幸いです。

次回からまた通常の(時期外れな)ブログに戻ります。
よろしくお願いいたします。

2024/01/14

犬の嗅覚、恐るべし(ここに何かある!!) 11月16日

我が家の食卓テーブルは、下に引き出しと扉の物入れが付いているので下が見えない。
この隙間はちょっと油断すると埃だらけになってしまう。

そんな隙間に前足を差し込んで、何やら一生懸命取ろうとしてる大ちゃん。
ヤダ、埃じゃない?とか思ってると、豆助とくーちゃんもやって来てのぞき込む。

え?まさか、なんか食べ物でも転がってるの?とのぞき込んだら・・・という動画デス。

よかったら、どうぞ~♪



その後、息子がガッチャン棒を持ってきて取ろうとするも、勢い余ってどこかに飛んでいって、あー、残念だったね・・・という動画デス。

こちらも、よかったら、どうぞ~♪

※息子とくーままの声が案外大きく入っていました。音量注意でお願いします。



どうやらフードみたいだったけど、どうしてこんなところに1個転がっていたのか不思議~。

よくも見つけたもんだと、犬の嗅覚のすごさには驚かされました。


以前はくーちゃんが真っ先に見つけてたんだけど、最近ちょっと遅れをとるようになりました。

フードを落とそうものなら、素早く拾い食いしてたのに・・・。

拾い食いは困るけど、これはコレでなんか寂しいような。(^▽^;)




ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記は今回お休みさせてもらいました。

次回で最後です。

2024/01/13

甘えんぼ大ちゃん♪ 11月13日 (ジャッキー顛末記・その7)

くーぱぱに背中をマッサージしてもらうのが、最近の大ちゃんのマイブーム。
3113

アレ?大ちゃんがいないと思ったら、くーぱぱのところでお座りして、背中を向けてもみもみされています。
3113

至極ご満悦。
3113

マッサージが終わると、くーままのところに『何か御用?』とばかりにやってきました。
ずっと写真撮ってたからね。(´艸`*)
3113

大ちゃんばかり写真に撮ってたので(やきもちやいた?)豆助が強引に乗って来て、大ちゃんのお腹の下に車庫入れしてます。
3113

大ちゃんはくーぱぱが来たので、大喜び♪
まだマッサージしてもらうつもりかい?
豆助は文句垂れてるようなお顔ですが、何が言いたかったんだい?
3113

大ちゃんが邪魔って言ってるように思えるけど、後から乗ってきたのは、あ・な・た・・・ですからーーー。




ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その7

酸素室に入って2日目、ちょっと安心しましたがまだ自分からは水さえも飲もうとしません。

お薬だけは飲んでもらわないといけないのでシロップやゼリーに混ぜて、注射器を口の横から差し込んで強引に流し込みます。

多少の抵抗はするものの、目に力がなく、ぐったりした様子は変わらず。

高齢な両親がふたりがかりでジャッキーにお薬を飲んでもらおうと奮闘する姿は見ててヒヤヒヤしましたが、ほほえましくもありました。

とか言ってる場合ではなく、とにかく飲まない、食べないで困り果てていました。

ゼリー、チュール、缶詰、ウェットフード等々、考えられるいろんなものを準備しましたが食いつかず。○| ̄|_


酸素室に入って3日目、少しずつではありますが動きがみられるようになり、よろよろしながらも自分で水は飲むようになりました。(水が飲みたくなると入り口で待機してるので、出してあげると普段水を置いてた場所まで歩いて行くようになったとのこと)

コレでちょっと安心したけど、まだヒヤヒヤドキドキバクバクの私に代わり、「自分で食うたとやけん、仕方ンなか、よかよか、大丈夫くさ」とのんびり。
両親は私に気を使って言ってくれていたんだと思うけど、さぞや心配だろうにドンと構えていられる辺りが年の功かと敬服しました。

後、食べてくれると回復も早いんだけど・・・と色々試しますが、中々食べるところまではいきませんでした。

病院の先生に伺ったところ、ササミとかあげてみたらと言われ、早速買い求めて食べさせてみることにします。

続きます。

2024/01/11

やっと一緒に寝てくれた♪ 11月9日 (ジャッキー顛末記・その6)

くーちゃんがリビングでくーままと豆大福と一緒に寝るようになってからずいぶん経ちますが(福ちゃんにガウられていた頃からしばらく、くーぱぱと寝てた)中々一緒の場所で寝てくれません。

くーちゃんひとり、台所の横の椅子で寝るんですよー。(´;ω;`)

こっちにおいでとベッドに連れてきても、すぐに下りて元の椅子の戻ってしまう。○| ̄|_

あまり無理強いするのもイヤだろうなと、こっちに来て寝てくれるのを待っていたのですが中々寝てくれませんでした。

がっ!!

遂に、この日の夜、ソファベッドの横に置いているベッドに入って寝ていたくーちゃん。
3112

(どこがどうなってるか不明ですが)嬉しすぎる~~~♪
3112

真夜中12時過ぎですが、嬉しくて写真を撮りました。
3112

その頃くーままの寝るスペースでは福ちゃんと、すでに寝てる豆助と大ちゃんがお待ちかね。
3112

嬉しいけど・・・。
3112

その体制で寝られてたら、くーままが寝れないんですけど。(^▽^;)
3112

この後、豆助と大ちゃんを足で蹴散らして横にずらして布団に入りました♪


この後何回か寝てくれたけど、やっぱり台所の椅子の上で寝るくーちゃん。
なにがそんなに違うのだ?

くーちゃん、カムバーック!!(くーまま、毎晩シクシクだよー)



ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その6

酸素濃縮器をレンタルしに行ったのは(有)システムラインズさん

場所が住宅街の中の分かりにくいところにあったので、最後はスマホで場所を聞きながらウロウロ。
ようやくたどり着いた時は夕方の4時を過ぎていました。

電話でざっと聞いた説明で、旧型だと重さが23キロだけど、新型は16キロ。(キャスターはどちらも付いている)
新型は遠隔操作で酸素濃度をモニタリングしてくれる。(コレは、高齢の実家の両親でも安心)
新型は酸素濃度計が無料で付いてくる。(旧型だと1日220円かかると言われた)
基本料金として、新型は8800円、旧型は5500円(使用料とは別)
使用料は1日(新型も旧型も)1210円×使用日数(ただし1カ月の上限として18150円)

こんな風に説明を受けたけど、新型がある時は新型を借りた方がお得で安心かなと思い、丁度新型があるとのことで、そちらを予約してお店に取りに行きました。
3111

早速、中で詳しい説明を受けます。

透明なケージも借りることが出来るけど、傷がついた場合は結構高額な代金がいるとのこと。
なので、普段使い慣れたクレートやサークルがあれば、そこにビニールをかぶせて使うことを勧められました。
その方がペットも、ストレスなく安心して入っていられるからと言われましたが、納得デス。

右下のように、ペットが普段いる場所や安心できる場所にビニール袋を被せて使っても大丈夫と、やり方も展示してあったので、こんな感じで使ったらいいというのが分かりやすかった。
3111

ジャッキーはトイレに使っているサークルがあるので、そちらに大きめのビニールをかぶせて使うことにしました。

そのビニールもこちらで売ってあったし、使い方というか被せ方も詳しく教えてもらえて、本当にありがたかったです。
3111

付属品一式の説明も丁寧に教えてもらいました。

緑のホースがマスクで酸素を吸う時のホース。(じょうごのような酸素マスクもお借りできました)
幸い今回は使わずに済みました。

白くて透明なホースが酸素室として使う時のホース。
酸素濃度が変わる?だったかで、くれぐれも緑のホースと間違えないように、と念を押されました。

後は、温湿度計と酸素濃度計。
詳しく書かれた取扱説明書も付いてきたの、何かと安心です。
3111

基本料金をその場でお支払いして器械一式持ち帰ったら、さっそく実家に設置しました。

まずは酸素濃度計で室内の酸素量を測ってみたら20.6くらいでしたが、酸素を送ったサークル内は30くらいまで上がりました。

大きいビニール袋2枚の端を切り開いて、左右から被せて、簡易酸素室の出来上がり。

出入口はお世話があるので、ビニールが重なったところにペットボトルを置いて開けやすいようにしていましたが、酸素濃度は問題なく30くらいまで上がっていました。
3111

使用料は1日1210円の上限18150円で、思っていたよりは高くないと感じました。(高いと言えば高いけど、命には代えられませんからね)

酸素室を作ってジャッキーに入ってもらいましたが、出てこようとはせず。
やはり、酸素室の方が楽なのが分かっているようでした。

コレで呼吸は楽になると思って一安心ですが、水を飲もうとしません。

もちろん、食べ物は全く受け付ける感じではなかったので、チュールや缶詰、ゼリー飲料と色々買いそろえて、ここからまたジャッキーとの闘い?が始まるのでした。

続きます。

2024/01/10

だららんな犬たち@息子撮影♪ 11月3.4.5日 (ジャッキー顛末記 その5)

息子滞在中に、我が家の犬たちを撮っていた写真があったので、データをもらっていました。

自分以外の目線で撮られた自分ちの犬の写真って、中々見ることがないので新鮮でした。


11月3日

近すぎるっ!!(そしてボケてる)
3111

『ボクちん、かわいいでしょ』のすまし顔。(´艸`*)
3111


11月4日

大ちゃん、前足お股の間に格納寝♪
3111

撮られているのに気づいて、うっすら目を開けてます。(´艸`*)
3111

ボーーーー♪(眠たいくーちゃん)
3111

その後、爆睡くーちゃん。
3111

まだ寝てる。
3111

『ねむねむ』ちょっと起きた。
3111

でもやっぱり眠い。
3111

そして、寝落ちのくーちゃん♪
3111

くーちゃんが眠りに着くまでの写真を撮ってくれていました。

鼻、でかっ。(´艸`*)


11月5日

そろそろくーちゃんの『もみもみ・ちゅーちゅー』には飽き飽きでしょうが、前回のくーままの動画の前に息子が撮っていた動画もデータをもらったので、よかったらご覧ください。

いろんな表情のくーちゃんを見ることが出来ます。


ガウられても引かない息子はすごいなぁと思います。

くーまま小心者だから「ひぃ」って言うから、舐められてます。(^▽^;)




ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その5

月曜日に再び、ジャッキーの待つ病院へ。

酸素室の中のジャッキーは、土曜に入院した時から比べると随分元気になったように見えました。

先生にも「ここまで持ち直したら、これ以上ここにいてもストレスの方が心配だから、もうお家に帰ってもいいよ」と言われました。

「ゼイゼイ」いうことは無くなったけど、まだ以前ほど元気ではない。
連れて帰れるのは嬉しいけど、ここ数日は酸素室に入っていたから心配。

5わんこと『もしかして最期は自宅でってことじゃないよね?』とヒヤヒヤした思いでいたけど、この時点では怖くて聞けませんでした。

「まだあまりご飯は食べないと思うから、無理に食べさせなくていいけど、水とお薬だけは飲ませてね」と言われて無事退院。

でも実家に戻っても、以前のような動きはなく、ぐったりと寝ているばかり。
辛そうです。
見ていて、こちらも辛い・・・。

やっぱり酸素室を借りよう!!ということになりました。

前日そろそろ退院という話が出た時に、出来れば酸素室を用意した方がいいといわれていたので、一応ネットで探していました。

まさか佐賀にそんな装置をレンタルできるところがあるとは思っていなかったけど、なんと、あったんです!!

すぐに電話して、色々説明をお聞きして、レンタルする旨を伝えて、すぐに装置を借りに向かいました。
3111

続きます。

2024/01/07

もみもみ・ちゅーちゅー♪ 11月5日 (ジャッキー顛末記・その4)

義父母の33回忌で帰って来ていた息子が帰る日、くーちゃんを撮っていた。

なんで撮ってたか聞いたら「もみもみしてる」とな。

おおお、久しぶりのもみもみ。

くーままも動画を撮ろうとスマホを向けると、一瞬きょとんとしてフリーズしたくーちゃん。

スマホを向けてるとしないかなー、と思いつつ、あきらめきれず撮り続けたら、おもむろに『もみもみ・ちゅぱちゅぱ』始めましたー♪

ということで、その時撮った動画です。
よかったら、ご覧ください。

最後に『めっちゃ頑張った』と言わんばかりにどや顔。(´艸`*)



次の動画はスマホに残っていたからと息子にデータをもらいました。
2017年の『もみもみ・ちゅぱちゅぱ』です。

今の『もみもみ・ちゅぱちゅぱ』とたいして違いはありませんが、見ていただけると嬉しいです。


この動画、ユーチューブにアップしたら、ショートという方に振り分けられました。

「動画」と「ショート」の違いがよく分からないんだけど、「ショート」はブログに張り付けることが出来ない・・・と思っていたくーまま。

どうにかならないものかと、ネットで検索したら、ちゃんと教えてくれるサイトがあるんですね~。

おかげで今回は「ショート」の動画も無事に張り付けることが出来ました。

ありがたや、ありがたや。


そして、帰る前にシャワーを浴びた息子3号。

名残惜し気に福ちゃんを抱っこ。
3110

目と目でアイコンタクト。
お別れの挨拶か?
3110

この数日で癒されたかな。(#^.^#)
3110


実はまたまたベッドの模様替えやりました。
ソファの手前に直置きしていたマットレスをベッドの形に戻しています。

丁度いい高さに、丁度いい角っこがあるとムラムラするらしく、マーキングしまくられ直置き断念。

そのマーキング大王、息子と福ちゃんの後ろで控えておりました。(´艸`*)




ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その4

入院初日、幸いにも夜中の呼び出しの電話はなく、無事翌朝の日曜を迎え9時過ぎに病院へ向かいました。

日曜日だったけど次から次にお客さんが訪れて、先生も診察に忙しそうだったけど、その合間に入院室に入れてもらえました。

前日に入っていた酸素室より広いお部屋に移してもらっていて、昨日よりも随分元気になっているように見えました。

というか、治療のために酸素室から出そうとすると、噛んで来ようとするって先生が言うので、元気になってるんでしょう。

嬉しいやら、おかしいやら。

丁度今から利尿剤を打つ、ということなので、そういうことならばと、母がジャッキーを抱っこして診察台に。

あの『ゼイゼイ』言っていた咳はほぼ収まっていて、酸素室の中のトイレシーツにもアチコチおしっこの後があって、よかったよかったと父と母と喜びました。

その後注射をされて酸素室に戻されたジャッキーはかなり元気そうに見えて、コレでやっと安心できるかと思ったけど、先生の「強心剤を打ったら、しばらくは元気になるんだよね」の一言で、まだ油断はできないんだと思い知りました。

でも、ここまで元気になったのが嬉しくて、動画を撮りました。


元気のなかった時の様子が分からないので比較の仕様がないと思いますが、前日は本当に立ち上がることもできないくらいに『ゼイゼイゼイゼイ』と途切れなく咳が出ていたんです。

帰る時、酸素室に入っていたジャッキー。
3110

置いていくのか?と目で訴えているようでした。
3110

ここまで元気になったものの、昨日の今日なのでまだまだ安心できません。
「また明日来るからね」と、この日も病院にお願いすることにしました。

続きます。


2024/01/05

めっかったー♪ 10月29日 (ジャッキー顛末記・その3)

「部屋の模様替え」というより「ベッドの模様替え」なんだけど、そこで出来た机の下の秘密基地みたいなスペース。

時々くーちゃんが入り込んでるところを目撃するようになりましたが、この頃になるとここで臭い付け?のグリグリをやるようになりました。

めっちゃグリグリしてたので動画を撮ろうとスマホを向けたら、素早く察知されて速攻止められてしまいました。( ̄▽ ̄)

最後の方、ちょこっとだけ動画で撮れたので、よかったらどうぞ~♪





ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その3

病院について診察室へ入って様子を見た先生は「肺水腫起こしてるね」と一言。

「このゼイゼイという湿った咳は肺に水が溜まってるから」と言われた。
この時点で「肺水腫」がどういうものか詳しくは分からなかったけど、肺が水で満たされていて、おぼれている感じ、と説明されたと思います。

餃子が原因だと思って(実際そうだったんだけど)しょげる私に、心臓が悪いと肺に水がたまるからね、とフォローしてくれた先生。
後で、人でも塩分を撮りすぎると体の水分が増えるから、餃子も一因だったかもねと、こっそり教えてくれました。やっぱり・・・。(´;ω;`)

心臓のエコーでは43.9
体格はほぼくーちゃんと同じくらいですが、心臓の大きさはほぼ2倍。
元々このくらいあったんだけど、今回のことでかなり負担がかかってると思われて、ますます落ち込みました。

その後、肺から水分?体内から塩分?を抜くためか、利尿剤の注射をして、酸素室の準備を始めた先生。

ジャッキーはそのまま酸素室へ運ばれました。
3109

心配で酸素室の前で見守る私たちに、ジャッキーも心細げにこちらを見返してきます。

ぐったりしていたのが、しばらくすると少し持ち直したのか、目力がちょっと戻ったように見えました。
まだ『ゼイゼイ』言ってるものの、少し楽になったように見えます。

そのまましばらく様子を見るとのことで、母とふたり待合室で待機。

朝早くからたたき起こしてしまった先生にコーヒーとサンドイッチの差し入れをして、私たちもコーヒーで一息入れて、時々酸素室の中のジャッキーを見て、とウロウロしているとやっとおしっこも出て咳の方も落ち着いてきたように見えたので、いったん帰宅することにしました。

ジャッキーはそのまま入院。
3109

追記訂正あり(濃い黒字

後ろ髪をひかれる思いで入院室を後にしましたが、先生に「明日、ジャッキーに会いに来てね」と言ってもらえて、ようやく帰宅の途に。

この時点で言われたのは、「明日」じゃなくて「後から」でした。
ということで、午後の診察時間が落ち着くだろうと思われる4時過ぎ頃、両親と5わんことくーままの4人でジャッキーに会いに行きました。
日曜と記憶がごっちゃになっていましたが、この時「明日も会いに来てね」と言われていたのでした。

翌日は日曜でしたが、こちらは午前中は診察されているので気兼ねなく会いに行けます。
まぁ、お休みでも行ったと思いますが。

その後病院から呼び出しの電話がないことを祈りつつ、翌朝を迎えました。

続きます。


2024/01/04

ジャッキーのおさがり♪ 10月28日 (ジャッキー顛末記・その2) 

ジャッキーの顛末記を書き出したら、たまたまお下がりの洋服をもらった記録になりました。

この洋服は姪っ子がネットで買ってあげたけど、ジャッキーには大きすぎたので大ちゃんにもらいました。
3108

背中にホックが付いているので足腰が弱ったジャッキーでも、楽に着せたり脱がせたりが出来るだろうとの気遣いでした。
3108

が、下に洋服を着せたら、もっと寒くなった時に使えるんではないか?ということで、この後お返ししてました。
3108

よもや、この後あんなこと(顛末記)があるとは思いもしなかったけど、返しててよかったー。


くーままが期待していた机の下の隠れ家的場所、くーちゃんが使ってくれるようになって喜んでいたら、ここでお得意のグリグリやってました。

動画を撮ろうと準備してたら気づかれてすぐ終わっちゃったけど、グリングリンと楽しそうに回っていましたよー。





ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その2

餃子を食べてしまったジャッキーが気になって、一度電話をして確認したら『変わりナシ』とのことで、その日の夜はちょっと安心して眠りにつきました。

がっ、翌早朝5時、父からの電話で起こされる。

イヤな予感しかしない中電話に出ると、受話器の向こうで『ゼイゼイゼイゼイ』途切れることなく咳き込んでいるジャッキーの声が聞こえました。○| ̄|_

緊急事態勃発!!

4時ごろからずっとこんな咳をしているので、背中をさすってやってたけど収まらない、動物病院に電話したけどつながらないとのこと。
私からも電話してみてくれと言われ、速攻電話しました。
くーまま含めて身内がお世話になっている動物病院の先生は、緊急事態の時は携帯に連絡するとほぼほぼ対応してくださいます。

電話して留守電に切り替わるので、今の状態を伝えてしばし待つと、先生から折り返しで電話をもらえました。

ありがたやーーー。

「すぐに連れてきて」とのことで母と二人で病院へ向かいましたが、その間も『ゼイゼイゼイゼイ』苦しそうに咳き込むジャッキーに生きた心地がしませんでした。

病院が近づくと看板にライトが付いているのが見えて、先生が付けて待ってくれてるんだというのが分かって、ありがたくて涙が出そう。

まだ暗い中に浮かぶ病院の看板は道しるべのようで、神にもすがる気持ちで駆け込みました。

続きます。

2024/01/03

うらめし寝~♪ 10月26日 (ジャッキー顛末記・その1)

晩ご飯も済んでほっと一息ついた時、振り向けばくーちゃんが・・・。
3107

『うらめしや~』
3107

その格好もだけど、顔がホラー。
3107

写真を撮ってても起きないほど熟睡してました♪
3107





ご訪問ありがとうございました♪

ジャッキー顛末記(肺水腫) その1

12月15日、父の定期検診で福岡の病院へ付き添いで行った帰り、途中の道沿いにあった中華のお店でランチしたら、ぎょうざが美味しかったのでお持ち帰りしました。

実家に戻ってテイクアウトしたぎょうざを一旦廊下の階段下に置いて、しばしお茶を飲んで歓談していたら、ジャッキーがいないことに気が付いてイヤな予感。

以前はよく脱走していたけど、近年足腰も弱くなってよたよた歩いていたので、よもや外に出たとは考えにくいけど姿が見えないのが気になって探そうとしたところ、廊下の方からカサカサと音がする。

『廊下にいる!!』と見に行くと、テイクアウトしたぎょうざを入れたレジ袋に頭を突っ込んでがつがつ食べている。

閉まっていると思っていたドアが半開きだったらしく、どうやら美味しい匂いを嗅ぎつけて盗み食いしていた模様。

「ぎゃー!!ぎょうざ食べられたー!!」と抑え込んだけど、時すでに遅し。
8個入っていたぎょうざはほぼ完食されていた。○| ̄|_

ニンニク入ってたし、塩分も多いから、心臓の悪いジャッキーには危なすぎる。

すぐどうぶつ病院に電話したけど、何やら忙しそうにされていて、様子見でと言われる。

ここですぐに連れて行っていたらよかったけど、しばらく様子を見ていても特に変わった様子が見られなかったので(下痢はするかもしれないけど、命に関わるまではないかなと)この日は家に帰りました。

続きます。


2024/01/02

えらそうな豆助♪ 10月24日  

お正月早々、大きな地震の被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

いつものように実家に集まってお年賀の食事会も終わり、ほっとした昼過ぎ、ジャッキーがウンまみれになっていたので、正月早々、息子と妹と3人でクレートの大掃除をしました。
年寄り世帯で掃除が行き届いていなかったせいもあり悪臭もしていたので、丸洗いしてしまおうということになって、そりゃ大変。(。pω-。)

お正月からウンの付くことをして、ほっと一息ついた頃、テレビから地震の速報が流れてきました。

テレビから「逃げて下さい」というアナウンスが何度も流れてきますが、画面で見る海岸の映像は普通の海の様子で、揺れている映像もなかったのでその被害の実態は実感として感じられませんでしたが、帰宅してから流れるテレビの映像は恐ろしささえ感じるものが次々と。

避難されている皆様が不自由のないように、少しでも早い復旧が進むことを願います。


ブログは前回からの続きになります。
(基本インドアなブログですのであまり季節に関係ないとは思いますが)あと少しで10月が終わります。

朝ごはんが終わって、くーぱぱの膝を独り占めな豆助。

えらそうです。
3106

いつもはくーままに抱っこされているのに、くーぱぱに乗り換えたか?

じーっと見てると目をそらします。
それなりに気まずいらしい。(´艸`*)
3106

『ボクちんは裏切ったわけではないですヨ』とばかりに正面から見返してきた豆助。
3106

くーままに疑いのまなざしで見つめられて、ちょっと目が泳ぐ。
3106

『違う、違うんですよー』心の声がダダもれな豆助でした。
3106

くーままは心が広いから、だーいじょうぶっ♪


でもその後、息子とイチャコラしてたよね。



証拠の動画をもらいました。( ̄▽ ̄)




ご訪問ありがとうございました♪

正月からウンにまみれて縁起のいい(?)実家のジャッキー。
お陰様で元気になりました。

記憶が新しいうちに、次回からちょこちょこ、その顛末を記録しておこうと思います。

2024/01/01

あけましておめでとうございます♪@2024年(辰年)

新年早々言うのもなんですが、1年早いですね。(^▽^;)

あけましておめでとうございます♪

3105

↑一番最初に撮影した、去年と衣装丸かぶりボツ写真。
写りはよかったけど、寄せ集め感満載の写真になってます。(´艸`*)


くーちゃんと豆大福のブログ、今年もよろしくお願いいたします。

今年こそ、リアル更新に追いつきたい・・・。( ̄▽ ̄)


皆様にとって良い年となりますように♪



ご訪問ありがとうございました♪