佐賀大和 「四季心 六香庵」

金曜日の朝、豆ちゃんをお膝に抱っこして新聞広げてたら
まるで自分も読んでるみたいに見つめていたから自撮りしました。

何か、気になる記事がありましたか?

1114


この後、お留守番されられたくーぱぱとくーちゃん&豆大福。


本日妹2がお休みだったので、久しぶりにランチ行きました。
5わんこ(妹1)は、
姪っ子が風邪ひいて調子が悪いとの事でキャンセルでした。


もちろん母が一緒なので、行き先はスポンサーが決めます。

なんと!後光までさして見えます。

1114


前から行ってみたかったという和食のお店へ。

1114


入り口にお品書きがありましたが、ミニ会席2千円から。(◎_◎;)

1114


この日は空きがあったのですぐお部屋に通されましたが
平日のランチは、(女性のお客様の)予約で埋まるらしいので、
前もって予約した方がいいそうです。

1114


ごにょごにょがいない間に、
ゆっくりしたいご婦人がいかに多いか、って事ですね。
ま、世の男性は
夜に美味しいもの食べたりしてるからおあいこですよね。
これで料理のヒントになればなおよろしってことで。

久しぶりという事も重なって、
(母が)奮発して3千円の会席頼んでみました。

まずは、最初のお茶、
・・・が緑茶にしては色が薄いし、香りがハーブ?
(隣はお刺身用の醤油です)

1114


飲んでみて、くーままはレモングラス?母と妹は緑茶?
と、意見が分かれましたが、
どうやらそれだけではない不思議なお味のお茶です。

みんなで首をかしげて、???ってやってましたが

結局聞いてみたら、レモングラスに緑茶
それにりんごの皮が入ってるとの事でした。
なるほど、レモングラスだけではこんなに色が出ないから
不思議だったんです。納得。

最初から、やられた!って感じです。

こちらのお店はランチも一品づつ出されますので
お時間のある時に行かれた方がいいと思います。


最初の蓋物?
器がみんな違ってて、これがまた楽しい。


母が我慢できずに食べ始めちゃいましたので、
遠目ですがこんな感じ。

さすが有田焼きのお膝元です。
って、これが有田かどうかはわかりませんが
有田焼ってことにしときます。

1114

で、写真撮ってて出遅れたくーままが
やっと食べようと思った途端ハプニング。

お箸が真ん中から割れてません。
びっちりくっついてて、
さすがにどう頑張っても無理だったので
交換してもらいました。(当たり前^_^;)

1114



右・小鉢「柿の白和え」揚げた松の実が絶品。


蓋物、右上から時計回りに「姫サザエのツボ焼き」「高野豆腐」
「ギンナン&むかご」「さんまの炙り寿司」

姫サザエって、先っぽまで出すのが難しくて
結局先っぽまで味わえたのはくーままだけ~。
焦ったらダメですよ。
ゆっくり回転させながら丁寧にですよ。

1114


「ハモしんじょとオクラのお吸い物」
ふわふわしたしんじょが美味しい
上品なお味のお吸い物でした。

1114


「お刺身3種」(鯛・マグロ・ハマチ)
もちろんどれも、ぷりぷり。
あ、マグロは上質な牛刺し食べてるみたいでした。

1114


お味はもちろん言うことなしですが、
添えられたツマに
人参で細工されたトンボが止まっておりました。

そこで妹が大変な事に気付いたって言って、
ねぇねぇ、春はチョウになるんじゃない?
そりゃ、すごい、じゃ、夏は?バッタ?
そりゃ難しいよね~、んじゃ、冬は?と
テンション上がったふたり、盛り上がってしまいました。

でも、こんなの乙女心くすぐられるよね〜。
あ、女性は幾つになっても乙女ですよー。(≧∇≦)


「鮭とキノコのみぞれあんかけ」

1114


「茶碗蒸し」

1114


そして、こちらはお家でもアレンジできそうなお料理です。
「抹茶のポテトサラダ」

1114


ポテトに抹茶を入れてあるので、ポテトサラダだけど緑色。
中にトマトを小さく切ったのが入ってて
いいアクセントになってました。コレ真似してみよう。


「鯛のあら煮」
この照りが美味しさを物語っているでしょう。
さすがに、ここらでお腹いっぱいになったので
こちらはお持ち帰り。
火を通したものだったら、持ち帰りあり、だそうです。

1114


そして、そして、本日一番のお待ちかね、
ごはんの登場です。

「土鍋で炊いた松茸ごはん」
三千円のコースは、
ごはんが季節の炊き込みご飯になってましたので
カマスと松茸、どちらになさいますか?と聞かれたら
やっぱりここは、松茸で!!ってなるでしょ。

1114


でも、これもお腹いっぱいで
欲で一膳頂きましたが、残りはお持ち帰り。
残りものに福ありで、息子が美味しく頂きました。

そして、お腹いっぱいって言いながら
デザートとコーヒーなんかは入っちゃうんですね~。(^_^;)


「七山卵のシフォンケーキ、レモンのシャーベット、パンナコッタ」
シフォンケーキに添えられた生クリームが甘すぎずグッ!
パンナコッタも和食のお店にしてはクオリティ高し。
最後にシャーベットでお口直し、すっきり。
心憎い組み合わせでした。(今回も上から目線でっす!!)

1114


後ろに見える竹炭のマドラーで混ぜて飲むと
お味がまろやかになるそうなのでやってみましたが
混ぜる前に飲まなかったので、違いは分かりませんでした。

でも、満足満腹~♪

次はくーぱぱと夜に来てもいいかも~、なんちゃって。

佐賀も捨てたもんじゃない。
もうすぐバルーンもあるし、一度お越しになりませんか?



ブログ村に参加しています。
ポチっと応援して頂けると嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ランチ - ジャンル : グルメ

コメント

ご馳走様でした〜
みただけで、頂いきた気分になしました|

佐賀も捨てたもんじゃない

ではなく、おいしいものの宝庫ですよぉ〜〜
関東に来てから思い知らされてます。
なんたって、玄界灘と有明海の、違った幸があります!
呼子の いか
波戸岬の さざえ
一生忘れない味です。

元、アーケードのちょっと入ったところや、
あそこや、あそこ。
あーー。安くておいしいところばかりでした。

3000円でそれだけ楽しめれば、すごいです。

こちらではたぶん、同じメニューだと1まんえんはしますね。
まちがいない!!
しかも、鯛は、かみごたえはない茨城です。

つくば界隈は、ほんとに
「ちょっと、作った人!!!!自分で食べてみたら???
よく、こんなまずいの作れるね!! レトルトやチンのほうが
よっぽどおいしいよ!!」」って店、たくさんあります。
東京の方が、安くておいしいお店がたくさんあるようです。

佐賀は恵まれてますよぉおおおおおおお。

あああ、あげまきと、たいらぎと、あらかぶも食べたい。。

こんにちわ

あー、おいしそう( ´¬‘)ジュル
しかもこの内容でマツタケご飯までついて3,000円!
(カマスごはんも気になりますー笑)
銀座で食べた佐賀牛もおいしかったし
佐賀行きたいです、食べたいですぅ

Re: タイトルなし

とこさん、こんにちは♪

> ご馳走様でした〜
> みただけで、頂いきた気分になしました|
> 佐賀も捨てたもんじゃない
> ではなく、おいしいものの宝庫ですよぉ〜〜
> 関東に来てから思い知らされてます。
> なんたって、玄界灘と有明海の、違った幸があります!
> 呼子の いか
> 波戸岬の さざえ
> 一生忘れない味です。

前ん海もんと唐津もんでは、また違いますからね~。
でも、そちらはそちらで美味しいものかたくさ~んありましたよ。

> 元、アーケードのちょっと入ったところや、
> あそこや、あそこ。
> あーー。安くておいしいところばかりでした。
> 3000円でそれだけ楽しめれば、すごいです。
> こちらではたぶん、同じメニューだと1まんえんはしますね。
> まちがいない!!
> しかも、鯛は、かみごたえはない茨城です。

元々物価が違うのでしょうがないんでしょうけど、佐賀以外で暮らした事のない私は、そのありがたさがいまいちピンときてませんでした。
そうか、この値段はお安かったのか・・・。(^_^;)

> つくば界隈は、ほんとに
> 「ちょっと、作った人!!!!自分で食べてみたら???
> よく、こんなまずいの作れるね!! レトルトやチンのほうが
> よっぽどおいしいよ!!」」って店、たくさんあります。
> 東京の方が、安くておいしいお店がたくさんあるようです。
> 佐賀は恵まれてますよぉおおおおおおお。

茨木は行った事が無いので分かりませんが、千葉は結構安くておいしいもの食べられました。
東京もお店を選べば、そうお高くなかったみたいだし。
そうそう、近頃佐賀も結構おしゃれで美味しいお店が出来てるんですよ。

> あああ、あげまきと、たいらぎと、あらかぶも食べたい。。

里帰りされる事があれば、一緒に美味しいもの食べに行きましょうね~。

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさん、こんばんは♪

> こんにちわ
> あー、おいしそう( ´¬‘)ジュル
> しかもこの内容でマツタケご飯までついて3,000円!
> (カマスごはんも気になりますー笑)
> 銀座で食べた佐賀牛もおいしかったし
> 佐賀行きたいです、食べたいですぅ

どれも丁寧に作られていたし、
ゆっくり食べたので結構お腹満腹になりました。
佐賀・福岡ミシュランも出ましたので
ぜひ一度お越しいただきたいです。
来年は、バルーン等いかがですか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)