佐賀大和 「四季心 六香庵」再び

今日は息子2号がお休みだったので、子守を頼んで、
色々溜まった雑用を片付けにくーぱぱとお出かけです。

という事で、今回はくーちゃんと豆大福出てきませんので
あしからずご了承くださいませ。

で、ちょこちょこと用事を片付けていると、頃合いよくお昼に。

久しぶりのくーぱぱとのランチ、どこに行こう?

そうだ!あそこに行こう!!


・・・という事で、やってきました
くーまま3回目のここ「四季庵 六香庵」さん。

ランチは予約していないと中々入れないんですが、
今回もラッキーな事に、カウンターならとお席が取れました。

2500円と3500円のコースのみ。

値段を言うとくーぱぱ、やめたって言いそうなので
こっそり、2500円のコースで~、って伝えます。


テーブルの敷き紙は梅の花。
まずはどうぞと、桜茶が出てきました。

ふんわり広がった桜の花弁と香りが
気持ちを春へと誘います。

1196


車ですので、飲み物は(残念ながら)お茶です。
食事には、ほうじ茶を出してもらえます。

最初に、小鉢の「ふろふき大根」

1196

付きだしは、右から「豚バラの桜チップ自家製スモーク」
手前「菜の花の辛子酢味噌」その後ろ「姫サザエ」
左「蓮根の素揚げ」その後ろは「難関揚げのいなり」

1196

こんな上品な料理の数々、大丈夫か!?と思ったけど
うんうん言いながら、隣でおとなしく食べてます。
薄味だけど、うまいな~とか言いながら。


お吸い物「ハモのすり身の絞りだし」

1196

ハモのすり身の下に、花弁みたいなユリ根が入っていました。

ハモの下にもちもちした実が入ってるぞ、
と言いながら箸で持ち上げ、感心したように食べてました。


お刺身三種盛り「ハマチ・タイ・マグロ」

1196

マグロが初めてうまいと思った、だそうです。


わん物「白菜と揚げ茄子の蟹あんかけ」

1196

出される前に、器ごと蒸し器で温めて出されてました。

お料理も美味しかったけど、ふたを開けた時
器にも、ふたの裏にも、梅の花に感動~です。


サラダ「じゃこと豆腐のサラダ」

1196

季節のいろんなお野菜が入ってて、歯触りもそれぞれで
自家製ドレッシングがすっぱ過ぎず、甘すぎずで
文句言わずに、どころか、うまいと言って食べてました。


茶碗蒸し

1196


上に乗ってるの梅?食っちゃったよ~、って。
すっぱいの苦手だけど、美味しかったみたいです。


〆の「ごはん」「鰆のアラの煮付け」「お漬物」「味噌汁」
ごはんは土鍋で炊いてあります。

1196

魚の煮付けはちょっと甘いので、どうかな?って思ったけど
しゃべらず、一心不乱に箸を動かして、上手に食べてました。

美味しくて、食べにくいものを食べる時って
無口になるよね~。

ごはん、お代わりしてました。
久々にうまい飯を食った、だそうです。

毎日まずいごはんで、すいませんね。


デザート「杏仁豆腐」「レモンのシャーベット」
「チョコブラウニー」

1196

お皿までキンキンに冷やして出されます。

コーヒーカップも春らしくて、素敵です。

1196



最後まで美味しく頂きました。

お料理も見事ですが、器がどれも素敵です。

熱いものはあったかく、冷たいものは冷やして
そのお料理に合わせて、きちんと出されます。

そして、なにより、
お料理の出てくるテンポがとてもよかったです。

男の人は待つのが苦手。

ちゃんと食べ終わるタイミングを見て、
すっ、すっと出してもらったので、
今回の旦那の評価めっちゃ高かったです。
カウンターだったから、尚更よかったのかも。


入り口に飾られていたお雛様。
来た時は早く食べたくて、気付かなかった~。

1196


珍しく旦那が絶賛してたので
次回は、夜にお邪魔出来そうです。



防備録的なブログですので、コメント閉じてます。

ご訪問ありがとうございました♪
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)