隠れ家的なBAR

コーヒーを求めて、ふらふらと歩いていたら
確か、以前一回この辺りのおしゃれ~なバーに来たよね、

って話になって、行ってみる事にしました。


1253



コーヒーは無いだろうけど、
たまにはカクテルもいいでしょうと
秘密の扉を入ってみる事にしました。

1253


隠れ家的な、って書いてるので
敢えて店名は伏せておきますけど、
写真の随所にヒントがあります。

1252


中は、私立探偵がグラスを傾けていそうな(?)
落ち着いた雰囲気のバーです。

ちょっと気難しそうなマスターが
いらっしゃいませ、と声をかけてきます。

高い吹き抜けの天井に、壁にはずらずらずら~~~っと
すごい数の酒瓶が並んでいます。

オープンリールで流れる音楽はもちろんジャズ。

くぅぅぅーーーー!!
おっしゃれ~~~~~。

佐賀にもこんなお店があるんですよー!!

写真撮れるような雰囲気じゃなかったけど
くーぱぱが聞いてくれて、撮らせてもらいました。


くーぱぱ、ゴルゴ13気取って「キューバ・リバー」

くーまま、ラムベースの「バカルディ」

1252

おつまみは、殻つきのアーモンド、
ドライフルーツのキウィとバナナ。

普段ナッツを食べないくーぱぱは、殻ごと食べたらしい。
どうりで、食べにくいと思ったそうです。(バカ)


二杯目はオールドスタイルのソルティドッグを作ってもらって、

やっぱりコレが気になった竹鶴、飲んでみました。

1252


最初の一口の最後に泥の香り・・・

テレビで見てた「マッサン」が、ウィスキーの醸造過程で
ピート(泥炭)が重要なカギを握るって言ってたので、
そこのところがインプットされ過ぎてたかも。

その後は感じなかったけど、
正直、お味なんて分かりません。

くーままが見ていたのは、グラスに入ったまん丸な氷。

実は、コレが欲しかっただけ~。

持って帰っちゃダメかね~?と貧乏臭い事を考えたけど
くーぱぱに却下されました。

コレを我が家のわんこ達にあげたら
喜ぶだろうな~、って思ったんですけどね。


持って帰るのは却下されましたけど
くーままがおトイレに行ってる間に
マスターと話をつけたらしく
まん丸氷お土産に出来ました。


んでね、

うふふ、

その氷は今、我が家の冷凍庫に眠っています。



カクテルは名前も見た目もおしゃれだけど、
それにまつわるストーリーが、また素敵。




ご訪問ありがとうございました♪

兄ちゃんとお利口に留守番してくれてた
くーちゃんと豆大福に、応援お願いしま~す。

にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)