湯布院へ

「くーままのブログ」より





名残惜しい『アンジーcafe'』を後に、湯布院へと向かいました。


もう、今回の旅行の最大の目的を果たした気分のくーままは、

ちょっとふ抜けてます。


今回の湯布院でのお宿は『榎屋旅館』さん。

くーまま行きつけの美容院のマスターのお勧めです。

DSCN2794_R.jpg



湯の坪道りのすぐ近くにあって、

比較的(湯布院では)安価なお宿ではないでしょうか。

入口はまるで時代劇の旅籠って感じでしょ。


新しくはありませんが、心安らぐお宿でしたよ。

お部屋からは、目の前を流れる川を見ることが出来ます。

DSCN2792_R.jpg


お部屋で一休みした後は、近所を散策。

DSCN2797_R.jpg



美術館や博物館がたくさんあるんですが

今回はおあずけです。

DSCN2800_R.jpg


でも、くーちゃんと一緒にぶらぶらするだけで

無上の喜びに浸れるくーままです。

DSCN2801_R.jpg


『ゆふいんの犬屋敷』というお店の隣は、

『由布院の猫屋敷』というお店でしたよ。

DSCN2799_R.jpg


お風呂は半露天になっていて、もう貸切状態。

有頂天のくーままは、もちろん泳ぎましたよ。

(泳ぐと言うよりは、おぼれてた・・・

お湯は透けるような透明で、足元に小石が敷いてあって

歩くと気持ちよかったです~。

つるつる、すべすべになった気がします。



日曜の宿泊ということもあって

2~3組のお客さんだったと思いますが、

皆さん、わんこ連れでした。



夕食はくーちゃんも一緒にお食事処に行けましたが、

ちょっとしつけがあやしい上に、座卓だったので

何度食卓にダイブしかけたことか・・・


その度にリードを引っ張るくーぱぱが

段々疲れてくるのがよく分かりました。

ごめんね、ゆっくり食べられましたか


だめでしょ (しらんぷり)

DSCN2806_R.jpg


のんべの二人は晩酌に、湯布院地ビールと

『榎屋オリジナル』の焼酎を頂きました。

豪華という感じではないんですが、どれもやさしいお料理ばかりで

全部食てしまったくーままは、自分のデザートでお腹ぱんぱん。

くーぱぱのデザートまで入らないのが残念。

くーぱぱデザートは食べないので、

いつもくーままが二人分食べてます。

ごまと栗のプリンだったと思うのですが

濃厚でまったりとしていて、美味でした。

DSCN2812_R.jpg


お昼から無上の幸せに浸っているくーままです。



最後にサプライズがありました。

くーちゃんに、マフィンを頂きました。

DSCN2809_R.jpg


あっという間の完食でした。

DSCN2810_R.jpg


翌日に、続きます。

よろしかったら、もうしばらくお付き合いください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)