大人の隠れ家 『風の森』 その4


ちょっとくどい旅行記になってますが、

こんなにお高い素敵なお宿に
泊まる事はそうそうないと思うので、
こと細かく記録しておきたい性分なもんですいません。


やっと、お食事の時間になったので
カートがお迎えに来ます。

待ち切れずに外に出てみると、

1433


昼間とまた違って、幻想的な風景が広がっていました。

1433



こちらは、ラウンジバー「slow minutes」

セルフタイプのバーになってるそうですが、
食後に覗いてみようと思います。

1433


母屋も素敵にライトアップされていました。

1433


中庭を通って、

1433


お食事をする個室に案内されます。

1433


窓からの眺めは、一枚の絵画のようです。

1433


写真撮りまくってたら、
私たちも写り込んでた一枚。

1433



霜月(11月)のお献立

1433



(白和え 初雪仕立て

1433


白和えの上に、その場でチーズをすりおろす
・・・というパフォーマンス付き。

1433


ただし、白和えの中に旦那が苦手な柿が入ってたので
テンションダダ下がり。

お宿の為に言っておきますが、事前に電話で
食べられないものは無いですか?って聞かれました。

でも、よもや、料理にコレでもか~って
柿が入っているとはつゆ知らず。

大丈夫で~す!!って言っちゃってたのでした。

柿・・・今年は我が家でも食べきれないくらいなったので
私も食傷気味だったのに、そうか、この季節物は柿か、
・・・っと、ちょっと残念な旬の素材でした。


(佐賀産 蓮根饅頭

1433



(秋の前菜

1433

奥の白い器に入ってるのは、エビを殻ごと煮込んで
潰して濾したスープを味噌仕立てにしたもの。

手前右手は、牡蠣のソテー。
イタリアン風?

左手、イチゴの酢味噌和え。
ここでも旦那が苦手な果物が料理で出てきて
旦那しょぼくれる。


(旬の刺身盛り合わせ

1433


(有田鶏と白野菜のすり流し

1433

白菜や大根など白い野菜を5~6時間煮込んで
濾したスープです。

何やら、よく食べていた料理みたいだって、笑えた。

昔は大鍋で料理を作ってたので、よく余ってたのを
火入れ火入れしながら食べてると、よくこうなってたなぁ~。



(柿と海鮮の味噌グラタン

1433


もうこうなったら、また出たな!!って感じです。



(COEDOビール

1433



(佐賀野菜の彩りサラダ

1433


(みかんの皮を練り込んだうどん

1433


コレは、この日のサービスらしいです。
柑橘系の香りがさわやかな麺で、美味しかったです。


(佐賀黒毛和牛溶岩焼

1433



(旬魚と蕪蒸し

1433


キンメにカニのほぐし身を乗せてありました。

お味よりも(よりも?)
この器の形と色が素敵です。

何やら、どこかで見たような形は
小さい剣山を入れてお花を飾ってもよさそう。

花器に、と買い求める方もいるそうです。


(佐賀白石産銀シャリ、じゃこ有馬煮

(とろろ昆布の吸い物

1433


(柿のグラニテ・林檎のタルト・シナモンアイス

(コーヒー

1433



これにて、本日の夕食終了。


でも・・・、



一番のごちそうは・・・、



窓からの眺めだったと思う。




次は、ちょっと立ち寄ってみた
ラウンジバー「slow minutes」デス。



ご訪問ありがとうございました♪

ポチっと応援して頂けると嬉しいです。


昼間はこんな感じ~♪


にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)