福ちゃんの検診日(4月18日)

相変わらず熊本、大分では余震が続く中、
こちら佐賀では体に感じる揺れも少なくなって、
ちょっとほっとしていたところ、

昨夜9時前台所で洗い物をしていた最中に
ゆらゆらと少し大きな揺れが来ました。

ちょっと安心した心の隙を
突いたように襲ってくる揺れに
自然の脅威を感じます。

佐賀でこのくらいの揺れですから、
震源地に近いところにいらっしゃる方々の恐怖は
いかばかりかと思われます。

でも、ゆらっときた時に、あ、また揺れている
と、揺れる事に冷静な自分がいる事に驚きました。

これくらいの揺れで済んでいるので言える事ですが、
地震の恐怖に慣れてしまってはいけないと
改めて自戒している次第です。

佐賀でも被害が出ている所がある事を
新聞で知り驚きました。

「多分」ではなく、「もしかして」の
準備は大切だと痛感させられている所です。

ご心配頂いた皆様には、心よりお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


被災された皆様にお見舞い申し上げますとともに
これからの捜索・復旧作業が
いち早く安全に進む事を祈っております。





今回の地震で、人はもちろんですが、
動物も避難した時の事を考えておかなければと
改めて考えさせられました。

フード、(お家トイレ派のこは)ペットシート
そして、持病のあるこのお薬。

我が家にも
お薬を飲ませている福ちゃんがいるので心配です。

残り1錠になったので、
早めに病院を受診する事にしました。

4日空けて1錠なので、
いつもならそうあわてることもなかったのですが、
こういう状況が状況なので・・・。


ひとりだけお出かけしたので(病院だったのに)、
みんなから責められて、
パソコンの椅子に避難中の福ちゃん。

相変わらずKYな豆ちゃんだけは、
我関せずと強引に乗って来る。
しかもお気に入りのプップのおもちゃは、離さない。

これって、豆助のお迎えの儀式化してます。

1535


この日はくーままの車がなかったので、
息子が帰ってくるのを待って、
午後の診察に行く事にしました。

いつも午前中にばかり行ってたので、
午後からの診察は本当に久しぶりです。

4時前病院に着きましたが、
相変わらず駐車場は、がら~ん。
くーままにしてみたら、ありがたいですけどね。


すぐに診察室に呼ばれ体重測定。

今回も3.6キロ。

聴診器を当てられて、血液検査の為の注射。

久しぶりでしたが、ワンとも鳴かず、動かず
とってもお利口さんでした。

調子はどう?って聞かれましたが、
すっごく元気です、と答えられるくらい元気です。

もうそろそろお薬止めてもいいんだけどね、って
またまた先生の口から、断薬の話が出ました。

そうですね~って、にこやかに笑顔で答えられるような
気持ちの余裕が出たくーままだったので

今回は断薬!?っと、
ちょっと嬉しいような、怖いような気持ちになりました。

でも・・・。


結果が出るまでの間、
ワクチンについて色々お話を聞いていましたが、

これがイケなかったのか・・・、

やっぱりめんどくさい飼い主だと思われたのか・・・、

じゃ、今回から5日空けてみようか、
って言われました。


だよね~。

くーままの場合、
いきなりの断薬はないと思ってたけど、
どのくらい間隔空けても効いてるもんなんだろう?

って、先生に聞いてみたけど、
なにしろ症例が少ない病気なので
よく分からないとの返事で、
先生も手探り状態らしいです。

免疫抑制剤なんてお薬、
この病院で使う事ってあるんですか?
という、非常に失礼な質問にも

皮膚の疾患で使う事はあるけどね~、って
答えて下さいました。


え!?皮膚の病気でも?


そう考えると、
案外身近なお薬なのかも、と思ったくーままです。

ただ、こういう病気で使ってるのは
今のところ福ちゃんだけとの事で
先生も手探り状態?ってことでしょう。

まぁ、ここまで症状が改善していたら、
あとは飼い主の決断が大きいんでしょうね。

その決断に関しては、言わずもがなだと思うので
今回のような処方になったのだと思います。

ただステロイドほど強い副作用はない、と言われたので、
心配なら飲ませとく?みたいな感じでしょうか。

ステロイドほど副作用はないとしても、
お薬ですから体にいいはずはありません。

でも、ここで薬を切ってしまって、再発…となるよりは、
手堅く進んでいきたいと思っているので、
もうしばらくお薬と縁が切れそうにありませんが・・・、

がんばります!!

1535



で、今回の検査結果ですが、
こちらの項目はすべて正常範囲内。

1535


赤血球に至っては、先生も驚いた、ほぼ上限値。
これ以上上がると、それはそれでマズイらしい。

1535


今回の地震で体調を崩さなかったのが、なによりでした。



落ち着いてきたとはいえ、
時折道の傍を通るトラックで家が揺れたり
風が吹いてガタっと音がすると、ビクっとなります。

先ほども携帯の充電完了の「ピ」っていう電子音に
思わず何!?って、
過敏に反応してしまいました。




ご訪問ありがとうございました♪

ポチっと応援して頂けると嬉しいです。


にほんブログ村

被災地の方は、もっと、もっと、
怖い思いされてるんだろうな、
と思うと心が痛みます。
スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル : ペット

コメント

アトピカは低容量での使用でアトピー性皮膚炎などに効果が有るという事で、10年程前に犬への使用に認可がおりてます。
アレルギーも一種の免疫の過剰反応ですもんね。
なので真菌などの外因の有る皮膚炎には使えません。
薬の役割理解して用法用量守って折り合い付けていければ、そう神経質に怖がる必要も無いですよ~、面倒くさい飼い主で良いのです。
獣医さんはそういう知識を教えてくれて提案まではして下さるけど、結局は最終的に決定権を持ち、毎日様子見て実際の看病して投薬して……は飼い主の責任ですもん。
飼い主が納得してなくては、ちゃんとしてあげられませんから。

病気の子抱えてると、災害時にどうしよう、ってのは本当に心配ですよね。私も、処方箋と直近の検査結果はすぐに持ち出せる様に、って纏めて片付ける様にしてました。

Re: タイトルなし

風間(ハチ母)さん、こんにちは♪

獣医さんに聞くより、風間さんの答えを読んだほうが分かりやすいです。
聞き方が悪いのか、会話がかみ合わないんですよね。
でも、これでスッキリ納得できたような気がします。
取りあえず、そうめちゃ怖い薬ではないと風間さんに言われて、やっとほっとした気がします。(^_^;)
いつもありがとうございます。
これからも色々教えて下さいね。

北部九州の方は交通の便が寸断されなかったので、今回は薬が手に入らない事はないと楽観していましたが、常に準備は必要ですね。
痛感しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)