おでかけ♪ (ぷち・同窓会)

こちらの「さがレトロ館」、建物も素敵ですが、

1605


レストランのお料理にもこだわりがあります。

佐賀産の食材にこだわって、作られています。

1605


お土産コーナーをぶ~らぶらにも少々飽きてきたくーまま。

やっと、っていうか、
くーままが早すぎたので時間通りなんですけどね。

友人二人が到着したので、まずはレストランの席をキープ。

どうにか席はキープできましたが、
この日食べようと思っていたランチのコースは
事前の予約でいっぱい、とのことで無理でした。

お出かけ日和の休日は、佐賀といえど予約必須です。


コースがダメとなると単品から選ばないといけませんが、
これがどれもおいしそうで、迷いました。


くーまま、佐賀のB級グルメ「シシリアンライス」

メニューには、佐賀牛ローストビーフを使った
ご当地グルメ特製シシリアンライス

と、仰々しく書いてありました。


がっ、

確かに、これはもはやA級でしょう、
というようなシシリアンライスでした。

1605


野菜しか見えてないので、反対側も見てくださいね。

結構厚めの佐賀牛(←ココ、大事)の
ローストビーフが、これまた結構な枚数乗ってました。

くーままが作る、本式のB級シシリアンとは大違い。
セレブな雰囲気をまとったシシリアンライスでした。


1605




友人ふたりは、たまごがとろける王様のオムライス

卵を贅沢に3個使って作ってあるそうで、
ほんわり、ふわふわ、こちらも美味しそうでした。

卵好きのくーぱぱが見たら、悶絶しそう。

1605


デザートとコーヒーは別注文になってたので、
ここでは食後のコーヒーのみ注文して、
気分は高校の頃の乙女に戻ってしばし歓談。

ただ話の内容は、近況報告と
健康や体調について、とかですけどね。




この後、佐賀城本丸歴史館(入場無料)で、

1605


佐賀の七賢人に扮した寸劇があるというので観に行って、

分かりにくいけど、石垣の左端に
つる草でできたハートがあります。


1605



お茶の時間にはまだちょっと早いということで
最近オープンした「佐賀大学美術館」へ
行ってみることにしました。

1605


嬉しいことに、こちらも入場無料。

「佐賀の美術教師たち」と銘打った
こちらの大学で教鞭をとった教師の方々の作品展があっていて、
なかなか見ごたえのある作品がたくさん展示されていました。

普段芸術に触れる機会のないくーままも楽しめた~♪


学生時代、太宰治と親交のあった、
久冨邦夫氏の作品も多数展示してあって、

その中には、太宰治が描いた
「久冨君像」というのもありました。

1605



芸術を堪能したカルババくーままたちは、
次はやっぱりお茶しなくちゃね、
ということで佐賀で定番のパフェのお店へ。


佐賀大学の周りは細くて曲がりくねった道でしたが、
整備されて2車線、所により3車線の広い道路になっていて、
車を走らせるくーまま、ちょっとドキドキ。

普段は田舎の片道1車線しか走らないから、
広い道路は苦手です。

その広い道路を北に走ると、目指すお店「新SUN」到着です。

ここはいつもお客さんがいっぱいで、
駐車場もほぼ満車。
ちょっと離れたところに止めて歩きました。


4時を過ぎていたけど、まだまだ待ってる人が沢山。

しばらく待つことになりましたが、
佐賀でお店に入るのに待つ、というのは本当に珍しい事なので
誰もが認める美味しいパフェってことです。


30分ほどして席が空いたので、二階へ。
1階では、ケーキやタルトやゼリー、生のフルーツを売ってます。

ここではみんな、フルーツパフェ、Lサイズ。

1605


散々しゃべり尽したと思っていたけど、
ここでも話が弾み、でも、待ってる人がいるので
早々長居も出来ず、なこり惜しかったけど解散。

また、次回・・・、と約束して別れました。

相応に年は取ったけど、昔の友人と話していると
ひとっ飛びで、あの頃に戻れちゃいますね~♪



余談ですが、くーまま5月は二度目の新SUNでした。

前回は、父がちょっとした手術をするということで
お見舞いに行った帰りにみんなで食べに行きました。

その時も、フルーツパフェ、Lサイズ。

1605


すこ~し、フルーツの種類が変わってるだけですが、
間を開けずに食べてもめっちゃうま~いパフェです。



本当に毎日だなっ!!って突っ込まれそうですが、

これなら、毎日でも食べられる~♪





ご訪問ありがとうございました♪

よかったら、ぽちっと応援お願いします。


にほんブログ村

今年も半分終わっちゃいましたね。

でも今回はあの言葉・・・言わないよ。
スポンサーサイト

テーマ : お出かけ日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)