FC2ブログ
2019/01/29

帰宅後のくーちゃん

「1時30分頃から手術を初めて、3時には終わってるから」

・・・と、事前に聞いていた先生の話に、(気が気じゃなかったけど)その頃お腹が空いたくーままはランチを食べていました。

追加でデザートも。(ヲイ!)


で、ご飯を食べながら・・・、

もし入院が必要なら3時に会いに行って、説明を聞いたら、翌日お迎えに行く。

入院の必要が無いようなら3時は会わないで、説明だけ聞いて、閉院前に迎えに行く。

って決めていたのに、玄関を入ってくーままの顔を見るなり、

「もう麻酔から覚めてるよ。元気だし連れて帰る?」って言うなり、くーちゃんを連れてきちゃった先生。

あちゃー、こうなったら連れて帰るしかないでしょ。


で、手術の説明としては、

最初しこりがある乳首の前後も取るので、傷はかなり大きくなるということでしたが、今回は出来ていた場所だけ取ったとのこと。

というのも、麻酔をかけて最初の方で呼吸が早くなったので、急遽出来てる場所だけにしたそうです。

「呼吸がおかしかったのは最初の方だけで、後は大丈夫だったから」ってフォローは入りましたが、先生~、後でまた手術するってことになりませんよね~、と聞けなかったくーままです。

病理検査に出すそうですが、結果が出るまで10日くらい。

これでひと安心、とはいきません。


他にお願いしていた、肛門搾りに爪切り、耳のお手入れはやっておきましたよ~、と看護師のお姉さんに言われ、

「そうそう、お尻の脂肪腫も取ったけど、ほらコレ」って、ガーゼに乗った白いコロコロしたブツを見せてくれて、「持って帰ります?」って聞かれました。

くーまま、くーちゃんのものはなんでも記念に持っていくと思われてるようで、さすがに「いえ、それは結構です」と丁重にお断りしました。

って、くーまま変な人になってるじゃん。


話を聞いてる間抱っこしてたけど、くーちゃん大喜びで暴れる、暴れる。

痛くないのかな?


抗生剤が処方されました。

2150



先生の説明を聞いてる間も、大暴れ。

傷のところのガーゼは外れるし、傷まで開きそうな勢いで動くのが怖かったので、早々に病院を後にしました。

車の中でも大暴れ。

「お腹、切ってるんだよ、勘弁してくれ、くーちゃ~ん」って叫び続けたくーままです。


でもとにかく、元気(すぎるくらい)に帰って来てくれたので嬉しかったデス。



まさかすぐ帰されるとは思っていなかったので、帰って急いでサークルを組み立てて、豆大福から隔離するための個室の出来上がり。

早速猫のちゃんちゃんこ、着せました。

2150



クレートも入れましたが、場所を取るし、中に入ろうとしないばかりか、

2150



柵に前足を掛けて立ってるし・・・。 や~め~て~~~。

2150


で、結局もこもこマットを入れてあげたら、やっと寝てくれました。

2150


長かった一日が、こうして終わったのでした。





ご訪問ありがとうございました♪


にほんブログ村

お陰様で今はもうすっかり元通り。

昨日は家じゅう走り回ってました。

本日、お薬が無くなったので、病院に行ってきます。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

こんにちわ

何はともあれ、よかったです!
少しくらいおてんばさんでも元気なのが一番ですね!

大きく切ったわけじゃなかったんですね。
それでも傷が開くんじゃないかとハラハラしますよね!
ワンコの回復力ってスゴイです。
病理検査の結果が非常に気になるところですが、まずは元気で何よりです!!

Re: タイトルなし

M@lauaealohaさん、こんばんは♪

もう10歳になるのに落ち着きがなくて・・・。(^▽^;)
心臓に持病があるので心配でしたが、本当によかったデス。
ありがとうございました♪

Re: タイトルなし

なるみなみさん、こんばんは♪

最初しこりの前後も取ると言われていましたが、ひとつで済みました。
でも傷は結構大きくて、予定通りだったらどんなに大きかったことかと想像すると卒倒しそうです。
今日ちらりと縫ったところを見ましたがキッチリ縫い合わせてあったので大丈夫だとは思うんですが、後は自分で抜歯しないように監視しなければ。(;´∀`)
ご心配いただきありがとうございました♪


> 大きく切ったわけじゃなかったんですね。
> それでも傷が開くんじゃないかとハラハラしますよね!
> ワンコの回復力ってスゴイです。
> 病理検査の結果が非常に気になるところですが、まずは元気で何よりです!!

大ちゃんもくーちゃんも頑張りましたね
病理検査の結果はまだでもホッとしましたね
良かった良かった(^^♪
それにしてもくーちゃん術後すぐに大暴れだったのね
ワンコはホントに強い!
10歳でもとっても幼い感じのくーちゃんですね

術後も元気そうでよかったですね。
我が家のミニチュアダックスも、夏に開腹手術をしました。
カーペットをむしって食べて、腸に絡まってしまって。。
1週間の入院でした。今はすっかり元気ですが、家じゅうのカーペットっぽもの、(浴室の足ふき、玄関マット、キッチンマット等々)すべて処分して
しまいました。
何か口をモグモグしてると慌てて駆け寄る日々です(´;ω;`)

Re: タイトルなし

まっちゃん、こんばんは♪

ご心配いただきありがとうございます。
もうすぐ結果が出るので、ドキドキしています。
でも、しこりは取ってもらったし、くーちゃんは無事に帰って来たしで、よかったデス。
お腹の表面を切っただけなのでそう痛みはなかったのかも。
病院の先生も開腹していたらこんなもんではないよ、と言われました。

ブログ読ませてもらってビックリしました。
ご主人様もどうぞお大事になさってください。

Re: タイトルなし

しおんさん、初めまして、こんばんは♪

コメントありがとうございます。
開腹手術だったら大変でしたね。
うちはお腹の表面を切っただけなのでダメージが少なかったんだと思います。
そういえば、病院の看板犬も治療に使うガーゼを食べて手術したことがあると聞いたことがあります。
我が家も毛布や布を噛みちぎって食べてることがあるので気を付けるようしないといけませんね。
本当に、お互い一時も目が離せませんね。(^▽^;)