「新宿鮫」

くーまま只今「犬」ではなく「鮫」にはまっています。

食べる「鮫」でも、見る「鮫」でもなく、読む「鮫」です。

302



なので、いつにもまして、まったりしているくーちゃんです。

302



くーままがハードボイルドにはまるきっかけとなった

「新宿鮫」の第10作目「絆回廊」只今読書中です。

ただ、よる年なみ、読み始めたら眠くなって

中々先に進みません・・・。

302



33歳の時に手術で入院した時にボランティアの方が

病棟に貸し本を持ってきてくださったのが「鮫」との出会い。

まさに、衝撃的な出会いがこの「新宿鮫」でした。

なんてかっこいいのぉ~とひと目惚れ。

その時からのなが~い付き合いになった訳です。



以来ミステリー、警察もの、探偵ものとそれ系の本を

片っ端から乱読していますが

「新宿鮫」はくーままのバイブルの一つとして

ずっと君臨しているのです。



以前東京に行った時は、わざわざ夜の歌舞伎町を

見るためだけに新宿、行きました。

302


夜のネオン街を見て「鮫」の姿を妄想して、ご満悦。

302


歌舞伎町のネオンのところで記念写真も撮りました。

302

街に溶け込んでいるように、それっぽく撮れ!と

くーぱぱに無茶ぶりをしたものですが

わざとらしく歩いてる感、ありありです。

結構恥ずかしかったので、この後そそくさと帰りました。

302



ただこういう連作物を読んでいて残念というか、

哀しいというか、主人公が段々年を取って行くんです。

あたりまえっちゃあ、当たり前の話ですが…。

ということは、自分も同じように年を取ってる訳で、なお哀しい。

鮫島警部が定年退職なんてどうしよう~と

今から心配でたまらないくーままです。



くーままの密かな野望

事件の舞台になった新宿、大久保、歌舞伎町なんかを

「新宿鮫」マップを作って歩き回ること!

「新宿鮫」ツアー、行きたいぞ~!!


あっ、もちろんくーちゃんも一緒ですよ。

面白くないと思うけど…。

犬のブログって事で、

無理やりくーちゃんにも登場してもらいましたけど、

これも無茶ぶり?

302



スポンサーサイト

コメント

笑いと感動!

こんにちわ!
この記事では、くーままさんの新しい一面を発見しました。
実際にお会いしてから、想像していたイメージとは違っていたのですが、はまっているのが「新宿鮫」だとは驚きました。
そして・・新宿での写真・・思わず笑いました。

前記事では綺麗な紅葉・・ありがとうございます。
一度は行きたいと思うのですが、まだ「九年庵」には行ったことがありません。
母は何度か訪れていますが、期間も短いのでとにかく人が多いらしく、考えるとおっくうになります。
しかし、沢山の写真を見て、行った気分になれました。
いつか・・です。

こんばんは!
先日は、体調不良を心配していただいて
暖かいコメントありがとうございました(*^^*)
おかげさまですっかり元気にごはんをモリモリ食べています!

読書の秋ですもんね♪
面白そうですよね・・・読んでみたいなぁと思いました(^O^)
あ、でも買ったのに読んでない本が何冊かあるんだった・・・(笑)

今年は年末年始お休み取ろうと思ってるので、
ゆっくり読書したいです☆

Re: 笑いと感動!

りかさん、こんにちは。

どうしても夜の新宿歌舞伎町って言うのを
見たくて、見たくて…。
もうわくわくのウハウハで、
テンションめちゃ上がりでした。
^m^、りかさんの想像されてた
私のイメージっていうのが気になります。

私も一度行ってめちゃくちゃ人が多かったので
もう二度と行くまいと思っていたのですが…。
ちょっと頑張って朝早く行ったら
結構ゆっくり見れるようです。
ご自分の目で見られると
また美しさも格別かと思います。
いつか…ぜひ!

Re: タイトルなし

すっちさん、こんにちは。

今年は風邪もたちが悪そうです。
まだ冬本番これからですからお体気を付けてね。
ご飯がおいしいってのが一番ですね。

くーちゃんが来てから
すっかり読書のペースが落ちてますが
(目にもかなり来てます)
面白い本に出会えるとはまっちゃいますね。

今年はって、いままでお休みなかったの?
頑張りすぎは体にも無理来ちゃうからね。
ゆ~っくり、お休み楽しんでくださいね。

くーままさん、おはようございます。
新宿鮫面白いですよね。
私は松岡圭祐の千里眼シリーズなども好きです。

新宿鮫ツアーも楽しそうです。
ただ新大久保の辺りは
いまや韓国フィーバーで鮫島さんは、
いない雰囲気かも。

このあいだ八日目の蝉を読んだのですが、なかなか面白かったです。

Re: タイトルなし

おさひろさん、こんにちは。

『八日目の蝉』は読んでみたいと思っていた本です。

探偵ものやハードボイルドは
東京が舞台になってることが多いので
どんなところだろうと
いつもわくわくしながら読んでます。

東野圭吾の『新参者』の舞台になった
日本橋界隈もゆっくり歩いてみた~い。
『麒麟の翼』に出てくる麒麟像の翼も
見てみた~い。

東京いいなぁ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)