「川南造船所跡」にて

勇んでブログを更新しようと思っていましたが

ひいていた風邪をこじらせて、2日ほどぐうたらしてました。


早めの対策を心掛けてきましたが

ここ数年風邪をひいていなかったので、ちょっと油断しました。


あったかいと思っていたら、急に冷え込んだりと

気温の差が激しいので皆様もお気を付け下さい。


かまってもらえず、ちょっと不機嫌!?

くーちゃん、お顔…、こわいよ…。

309



ということで、やっと「川南造船所跡」編です。


我が家から車で走ること1時間半、やっと伊万里に着きました。

車窓の右手に海が見えてきました。

そろそろかと、くーまま、もうわくわくです。


不謹慎かとは思いますが、

やっぱり廃墟には、人の心をそそる何かがあります。

自分で廃墟マニアとは思わないのですが、

これって立派なマニアですか?


国道沿いに廃墟が見えるはずですので、すぐ分かるはずです。

右手を見落とさないようにと走っていると

つたに覆われて、コンクリートの柱が林立した建物が!


309


309


309


すでに解体工事に入っています。


309


309


おぉ~い、くーちゃん、どこに行くんだぁ~い。


309


309


待って~。


309


海に向かって建っている建物跡です。


309


もとは貨物船の製造を行っていたそうですが

太平洋戦争中、軍需工場に指定され

二等輸送艦や人間魚雷といわれる

「回天」を建造していたそうです。


309


「回天」の名前は、くーままでも聞いたことがあります。

更に「海龍」という特殊潜航艇も建造されていたそうです。


309


309


309


ここがかつて「川南造船所」だった所です。


309


309


309


309


当時学徒動員で多くの学生もここで働かされていたとの事です。


309


309


309


309


当時はすべての日本人が本当の事を知らされず

誤った方へと導かれていました。

自分たちが作るものが、お国の為になると信じて。


309


309


その悲しい歴史を秘めてこの造船所は

昭和30年(1955)閉鎖され、そのまま放置されてきました。


この造船所からは、南極観測船「宗谷」も建造されたそうです。


309


309


309



ここに立って思いました。

私達は、今のこの平和を忘れてはならない。

この平和が多くの犠牲の上に成り立っていることを、

決して忘れてはならない。


309


309


二度と、あの過ちを繰り返してはならないと。


309


309


それらの歴史をすべて封じ込め、56年もの長きにわたって

「川南造船所」は、ここに佇んできたのです。


IMG_5121_R.jpg


戦争遺産として保存か解体かに分かれたこの造船所跡も

建物は全面撤去、歴史資料館を設置する公園として

整備されることが決まっています。




「静寂」

309


「廃墟に想う」

309


「廃墟に佇む」


309


「絡まる」


309


「残照」


309


「メッセージ」


309


ここの跡地が平和へのメッセージを発信する公園として

有効に活用されるといいですね。



道路から建物の全景を撮っていたらパトカーが

走りさって、ほどなくして、また戻ってきました。


やばっ、不審者に見えるよね。

そろそろ立ち去りどきです。


先ほど出てきた入口にパトカーが停まっています。

やばくな~い?カメラ見られたらどうしよう…

小心者のくーまま、バクバクです。


入口で釣り竿をもったおじさんが話を聞かれていました。

助かった、ラッキーとすたこらその場を離れました。

でも、かなり怪しいわんこ連れのふたりに見えたことと思います。


長くなった上に、もう犬のブログかどうかもあやしい感じですが

最後に全景を左から3分割で撮ってみました。


309


309


309



さて、次はせっかく伊万里まで来たので

「有田ポーセリンパーク・のんのこの郷」まで行くことにしました。


ここの前に焼きカレーの美味しい、テラスはわんこオッケーの

カフェをリサーチしていますので、お楽しみに。




スポンサーサイト

コメント

くーままさん こんにちは。

お加減は如何でしょうか??
ここの所、暖かかったり寒かったりと
本当に体調のとり難い日がありましたね
どうぞこういう時ほどゆっくり養生して下さいませ(^^)
くーちゃん、癒してあげてね♪

おお~カミングアウト!?ですか ^m^
よっちんもどちらかと言うと廃墟の静寂が好きでございます。
軍艦島とか行ってみたいなぁ…
また、こちら川南造船所の時代背景には言葉を失いますが
こうして新たに平和を生み出す公園に生まれ変わる
そして、語り継がれる事で少しでも癒される場所になって欲しいですね。

きゃー次は焼きカレーとな!?
ブログ楽しみですがくれぐれも無理のない様にして下さいね(^^)/

こんばんわ~♪

くーままさん、おかげんいかがですか?

まだまだ、へんてこな天気が続いてますので、
くーチャンの為、無理なされませんように!ね(^^)v

日本のどこかしら・・・かには、
このような悲しい記憶があるんですよね~v-40
宗谷も建造されていたんですか?
お勉強になりましたφ(..)メモメモ

くーままさんが、廃墟マニアだったとは・・・・知りませんでした(^^ゞ
長崎の軍艦島、昨年より一般公開していますが
もう行かれましたか~?
後悔される前に、郷土の☆福山のマシャが
軍艦島で撮影していたんだよ~♪
その写真展を見に行っただけの
花梨でした。お粗末さまでし

急に寒くなりましたねー全国的にそうなんでしょうか?
風邪を引かれてしまったという事ですが、お大事になさってくださいね。

話は変わりますが、なにか廃墟に惹かれる気持ち分かるような気がします。

私も再開発地域などで立ち退きが終わっていて、もう誰も住んでいなくて生活感のなくなってしまった都心の住宅街などを散策するのが大好きですi-229

でもただプラプラ歩くだけの私と違い、悲しい歴史の背景をご紹介してくださるくーままさんさすがです♪

くーちゃんも(前回の記事で)こぱちんとのお揃いのワンピースを可愛らしく着こなしてくれていますね!かーわいいですi-237

Re: タイトルなし

@よっちんさん、こんにちは。

お気づかいありがとうございます。
おかげ様でかなりよくなりましたが
まだ鼻水と咳が残っています。
これがなかなか止まらないんですよね~。
よっちんさんもお気をつけ下さいね。

ここは道路からすぐのところにあるので
結構な人が訪れているようで
歴史的には解体は残念ですが
事故が起こったらと思うと解体も
やむを得ないと思われます。

私も、新しい公園となって末永く戦争について
語り継いでいってもらえたらいいなと思います。

焼きカレーってどんなんだろうと
食べるまで興味しんしんでした。
お楽しみに。

Re: こんばんわ~♪

かりんさん、こんにちは。

ありがとうございます。
いや~、油断しました。
ここのところひいてなかったので
風邪に対する認識が甘くなっていました。
早めの対策が一番ですね。

いえいえ、マニアって程ではありませんが…。(^_^;)
テレビで特集があってたのをたまたま見て
解体されると聞いたのでその前にと思って行ってきました。
でも実際現地で目にすると感傷もひとしおでした。

軍艦島は船で行かなきゃだからなぁ…。
昔こっぴどく船酔いしたので無理かも~。
どうせなら私も、ましゃの方がいいかも~。(*^。^*)

Re: タイトルなし

こはだパパさん、こんにちは。

ここ数年風邪をひかなかったので
ちょっと、あれって思ったんですが
不用心しました。(>_<)
もう随分いいです。ご心配ありがとうございます。

いえいえ、私はたまたま見たテレビ番組の受け売りです。
ここのことは、聞いたことはあったのですが
そういう歴史を知って、なおかつ解体されると聞いたので
その前にぜひ自分の目で見ておきたいと思った次第です。

廃墟って人が生活していた痕跡がそこかしこに見えて、
そういう歴史というか人が生きた証というか
そういうものに惹かれちゃうんじゃないかなぁと
ぼんやり思ったりします。
ぶらぶら散策、素敵じゃないですか。

おかげ様で、くーちゃんとってもいい感じに
着こなしてくれました。
ありゃ、また、親バカかな? ^m^

こんばんは。
お風邪の具合、いかがですか・・・?
ホント日々の温度の差が激しくて、体がついていきませんね。
長引かないように、お大事になさってくださいましね。
くーちゃんをぎゅっとして、お体暖めてください(笑)
にしても、かまってもらえなくて不機嫌くーちゃん、かわいいな~♪

この廃墟に秘められた歴史を思うと、いろいろと考えさせられますね・・・。
今のこの平和は、こうした過去の辛い時代を経てできたこと、
私達は忘れてはなりませんね。

Re: タイトルなし

mo-cosmoさん、こんにちは。

ありがとうございます。
だいぶ良くなりましたが鼻水と咳が残ってます。
これがしつこいんだよね~。(>_<)
2日ほどくーちゃんとごろごろ寝てました。
極楽、極楽。^m^

たまたま見たテレビに感化されちゃって
行ける距離ではあるし解体前に見ておこうと思って出かけました。

いつの世も真っ先に被害をこうむるのは
弱者からですからね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)