『九年庵』

ちょっと間があきましたが、17日の日曜日、
国の名勝『九年庵』に行ってきました。

845


お天気が雨の予報でしたが、
当然のごとくアラフィフはお出かけ決行します。

だって、目的は『九年庵』の紅葉・・・、だけではない!!


本来ならば、この時期この場所は極力近づきたくない・・・、
と思うくらい混雑します。

でも、今回はくーままのプチ同窓会なので、
こんなことでもなければ、絶対!!行かないと思いますから
2年前のあの裏技を使って出かけます。

という事で、今回も本来なら暇&お留守番のくーぱぱに
九年庵のある仁比山神社の山門前まで送ってもらいました。
でも、この日は地域のイベントが入ってたので
そうでもなかったらしいです。


本来ならば、吉野ケ里公園の駐車場から
無料のシャトルバスが出ていますので
それに乗って往復します。

駐車料金500円だったと思いますが
お出かけの際はご確認ください。

この時期、近所の方が空き地を
500円で臨時の駐車場にされますので
こちらを利用するのも便利かと思います。



山門到着時点で午前9時。
止んでいた雨が降り出し、出だしちょっと残念な感じです。

開園は8時30分ですから、早めのお出かけがおすすめです。
途中すれ違ったシャトルバスも結構な人が乗り込んでました。


整理券をもらい、山門を抜けて緩やかな坂道を登ります。
あれ?2年前よりきつくない?


途中の参道沿いには、日本で初めて種痘の普及に尽力した
『伊東玄朴』の旧宅が残っています。

845

こちらは無料で、中に入って見れますので
御帰りにでもどうぞ。
私達は前回見たので、パス。


参道の両脇には、御馴染の屋台のほかに、
製麺所のうどん屋さんや有田焼の出店なんてのも出てました。


入り口で、美化協力金300円を支払っていざ、中へ。
この時間帯は、すいすい中に入れます。


夏の猛暑で紅葉はいかに!?と思われましたが
入るなり、きれいな紅葉と庭が目に飛び込んできます。

心配はいい意味で裏切られました。きれい~♪

845

この辺りから、傘をさすかどうかくらいの微妙な雨に…。

くーままがカメラの設定間違えて、ちょっと残念ですけど、
そこそこきれいな写真でお楽しみください。

まぁ、お天気も…だったんで、仕方ない、と思って下さいね。

845


今年こそ、イチデジでー!と張り切ってましたが
そういう時はお天気がいまいちで
先日からの「くーままついてない感」裏切りません。


庭を散策するために本来置かれている飛び石は
危険で歩きにくいことと、庭に生えた杉苔を保護するために
今は木の散策道が作られていて、歩きやすくなっています。

845



それでも場所によっては、石のままのところもありますので
随所に立った警備員の方が、足元にお気を付け下さいと
声をかけられます。

そうそう、また転んだら、しゃれにならない。


雨に濡れて輝く杉苔の上に、散り敷くモミジが美しい。

845


そろそろ傘の花が咲きだしています。

844



この庭園は緩やかな斜面になっていますので。
下の方から眺めながら上って行きます。

振り返って、これまた絶景。

845


絶妙の配置でモミジやツツジが配されていて
緑と赤の競演が楽しめます。

845


雨の日の『九年庵』も、おつなもんじゃありませんか。

この角を曲がると、

845


葦吹きの庵が見えてきます。

845


苔むした屋根に、紅葉の始まったモミジが映えます。

845



長くなったので、一旦休憩します。

写真の整理がつき次第、アップします。
続きもお楽しみに~♪

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)