『九州国立博物館』

よく見る、あの建物とは違うな~、

・・・と思いつつ、入ると長~いエスカレーターが。

取りあえず、乗ってみます。

867


エスカレーターが終わると、今度は動く歩道です。

虹色の光が次々と流れていく様は、
まるで過去へタイムワープするようです。

867


で、出口を出るとようやく見慣れた建物が。

今通ってきたところは、
博物館へのアクセストンネルらしいです。

867


そして、興奮してパシャパシャ撮りましたが、
どうやらこっちは、裏側のようでした。


建物の横を通って、表に回ってみても、あら、一緒。
これが、九州に初めてできた国立の博物館です。

867


今は特別展はあってなかったようで、
1階のお土産売り場を覗いてみました。

今回くーままが買ったお土産。
ブッククリップはここのオリジナル。

と、『針聞書』という戦国時代の針の本に登場する
ハラノムシのフィギュア付きの耳かきです。

867


このフィギュアもオリジナルだそうです。

かわいいでしょ~。こんなの好きなの。

867


丁度、1964年の東京オリンピックの特別展示があってまして
本物だと思うけど、金銀銅メダル。

867


金メダルのアップ。すご~い、金ぴか~。

867



って、浮かれてたら、ママさんからメールが届きました。

867

867


写真を見て、ギャー、カワイイ!!とか、
ウヒョウヒョ言いながら、博物館を出ました。

かなり怪しい中年夫婦だったことでしょう。


また、タイムトンネルみたいな通路を戻りました。
無料で結構楽しめる♪


太鼓橋を渡って、

867


参道に戻って、お約束の梅が枝餅。

867


出来たてを、食べながら車に戻りました。


今まで、なんで、梅が枝餅って言うんだろうと思ってましたが
お土産に買ったお餅の中にその由来が書いてありました。

幽閉されていた道真公に餅を差し入れる際
枝に挿して格子のすき間から差し入れていた、とか
道真公にお餅を差し上げていたおばあさんが
亡くなられた時に棺の上に梅の枝と共に供えた、とか
言われがあるそうですが・・・、

公の神通力が餅に乗り移り、この餅を食べると
病魔を防ぐ特効があると有名になったそうです。

大宰府に行ったら、必ず『梅が枝餅』は食べて下さいね。

ついでに調べたら、道真公の誕生日である6月25日と
命日の3月25日にちなんで、
毎月25日はヨモギ入りの梅が枝餅が売られているそうです。
次は25日に行ってみなきゃ。


お店によって味が違うらしいので、お腹に余裕があれば
食べ比べも楽しいかも。


この後、車に戻って次の場所へ。

続く。
スポンサーサイト

コメント

おはようございます

前の記事の事だけど、じゃじゃまる、ピッコロ、ポ~ロリ♪はうちの息子世代そのもので~す。みんなカワイかったのに今じゃね~

国立博物館 ガラス張りのところがうちの近くの県立博物館と似てる
あんなふうに曲線ではないけど、表も裏もガラス張りょ
同じ建築家だったりしてね

くーちゃんの写メがこのとき送られてきたのね
つるつるピカピカでくーちゃんニッコニコ
かわいい~

梅が枝せんべい美味しそうですw

もうずいぶん前ですが、九州に遊びに行ったとき
大宰府予定に入ってんだけど
他に行きたいところもあって行けなかったんですょね
今回くーままさんに案内してもらった気分で
よかったわ~

Re: おはようございます

まっちゃんさん、こんにちは♪

一緒によく見てたから、
息子たちより私の方が感激したかも~。(^_^;)
久々に見れて、うれしかった~。

グレースママさん、カットが終わるとこうして
シャメって送ってくれます。
今までこんなサービスなかったので
嬉しいし、安心できますね。

まっちゃん~、
梅が枝せんべいじゃなくて、お餅だよ~。^m^
大福餅をパリッと焼いた感じで美味しいですよ~。

それは、お役に立ててよかった。
でも、福岡はわんこオッケーの素敵なお店が一杯ですから、
よかったら、もう一度お越しくださいね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)