「江戸東京たてもの園」続き

3月14日(金)

ここ「たてもの園」には30棟からの建築物があるので
一通り見るだけでも、結構な時間がかかります。

『センターゾーン』

主に、日本の歴史を伝える建物です。

ビジターセンターとなった「旧光華殿」の裏手、
木々に囲まれてひっそりと建っているのは、

「旧自証院霊屋」

946


ひっそりと言う割には、装飾は派手です。

三代将軍徳川家光の側室
お振の方を供養するために建てられた霊屋です。

そういえば、どことなく、日光東照宮を彷彿とさせますよね。



「伊達家の門」

どっしりと重厚な門構えです。
江戸時代かと思ったら、
これは大正時代に建てられたものだそうです。

946


裏から見たら、横に番所を付けて
大名屋敷を再現したような形です。

946



「高橋是清邸」

946

高橋是清って誰?ってなくーままでしたが、
2.26事件と言えば知ってます。
詳しい内容は覚えてませんけど。

その2・26事件で暗殺された政治家・高橋是清の屋敷です。

2階が事件の現場となった部屋で、
是清の寝室や書斎だったそうです。

その2階から、庭を臨む。

946


庭園の一部も復元されています。

庭から見た是清邸

946

組井筒から流れる水といい、見事な日本庭園です。

946



「西川家別邸」

946


北多摩屈指の製糸会社を設立した実業家
西川伊左衛門の隠居と接客用の家です。

部屋の周りが全部、廊下で囲まれていました。


このゾーンは、雲の上の存在のような人たちの家ばかりなので
あまり親近感がわかず、そこそこに次のゾーンへ。




『東ゾーン』


遠くから見ても、テンション上がります。

この時代(もちろん)知らないけど、
懐かしくておしゃれな感じの建物ばかりです。



「皇居正門石橋飾電燈」

946


石橋の欄干両側にある男柱石6基設置されていたもののひとつ。



「万世橋交番」と「郵便差出箱(1号丸型)」

神田の万世橋のたもとにありました。
正式名称は「須田町派出所」

946


なんて可愛くておしゃれなんだろう~♪
なので尚更、中の荷物は片付けておいてほしかった・・・。



「上野消防署(旧下谷消防署)望楼上部」

946


望楼は火の見櫓の現代版。
火事を見つけるとあの鐘を鳴らしたんでしょうね。

旧所在地では約23.6メートルの高さがありました。



「都電7500形」

きゃ~、かわい~♪おしゃれ~♪

乗りこんで、チンチンベルが鳴らせます。
おばちゃん、もちろん鳴らしました。

946


そしてこの都電のある前の通りに目を移せば
この時代のロケにもよく使われると言う景色が飛びこんできます。

946


ぎゃ~~~、タイムスリップしたみたい~~~。

くーまま大好きな金田一耕助の世界だぁ~~~。

曇ってて寒い日だったので、尚更いい感じ~~~。

ってひとり、大興奮。





「村上精華堂」

台東区池之端の不忍通りに面して建っていた
小間物問屋(化粧品屋)


946



「植村邸」

昭和初期の建築物。
建物の前面を銅板で覆ってあるので、
全体的に黒っぽく見えます。


946



「大和屋本店(乾物屋)」

昭和初期の木造3階建ての商店です。

946


戦前の乾物屋の店先の様子が再現されていました。

946


店の横には懐かしいタバコを売る場所もありました。

って、こんなタバコ屋くーままが小さい頃近所にあったよ~。

『おきらくトイプー日記』のくぅちんママさん家のタバコ屋さん
くぅちゃんが店番してるんだよ。たまぁ~に。

946



「丸二商店(荒物屋)」

昭和初期に建てられた荒物屋。
小さい銅板を組み合わせて模様を作って
建物の正面を飾っているのがおしゃれです。

946

ここの裏手には、長屋も移築されていました。

946



「武居三省堂(文具店)」と「花市生花店」

946


「武居三省堂」の店内の引きだしは「千と千尋の神隠し」で
窯爺の仕事場にあった薬箱のモデルになったと言われています。

似てる似てる。

946



「店蔵型休憩棟」

ここの1階は無料休憩所、2階は食べ物処「蔵」になっています。

946



「川野商店」(和傘問屋)

946



「小寺醤油店」

946



「万徳旅館」

建物は江戸末期ですが、室内は旅館として営業していた
明治の頃の様子を復元しています。

946


くーままが子供の頃暮らした家がまさにこんな感じでした。
そう言えば、木賃宿をしていいたとか、なんとか・・・。

とにかく、なんだか、無性に懐かしい建物でした。

946




「鍵屋(居酒屋)」

台東区下谷の言問通りにあった居酒屋。

946


江戸時代の創業で、道路拡張に伴い移設されたそうです。

946


のれんをくぐると、アレやってるの?と思ったほど
しっくりなじんでたおかみさん・・・風のボランティアの人。

こちらの「鍵屋」さん、今も根岸で営業中。

946


そちらは大正時代の建物だそうです。

行ってみたかったな~。



「子宝湯」

946

そしてここも、言わずと知れた
「千と千尋の神隠し」のモデルとなったと言われる建物です。

946


玄関

946


脱衣所

946

946


お風呂

946


脱衣所から見える庭先には、先日の大雪の名残が見られました。

946



・・・と、懐かしい建物群を満喫したくーまま。


気付けば、フル充電でもって来たカメラの電池がピンチでした。


そろそろ、夕方に近くなり、お土産を買って、


『栗かりんとう』の「こきんちゃん」

こちらも、宮崎駿氏制作の小金井市のイメージキャラクター。
かわゆす♪

946


一旦吉祥寺の駅に戻る事にしました。


続きます。
スポンサーサイト

コメント

東京にこんなところがあるなんて知らなかった~!
今度娘を誘って行ってみようかな
(娘は三鷹に住んでいるので無理やり押しかけてやる!)

くーちゃんたちまたまた可愛くしてもらったね♪
4わんとも違うスタイルでさすがグレースママさんだわ~(^O^)

Re: タイトルなし

punkさん、こんにちは♪

娘さん。素敵なところにお住まいですね。
でも、ここ知らなかったって・・・、
灯台もと暗し、みたいなもんですかね。^m^
一日どっぷり楽しめました。
それぞれお家に入れるので、脱ぎ履きのしやすい靴がお勧めです。
これからの桜の季節は、更にきれいだそうです。
そう言えば、グレースママさんも若かりし頃
この辺りにお住まいだったそうですね。

そうなんです!
4わん違うスタイルにしてもらえるのも楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)